豆苗

2020年2月25日放送「あさイチ」で、豆苗の効能や育て方が説明されました。ここでは、「あさイチ」で紹介された、 豆苗の効能や育て方(水の量・日当たり・切る位置など)のポイントをまとめました。

「あさイチ」豆苗の育て方は?

豆苗を自宅で育てる際のポイントを、豆苗生産会社の麻生周一郎さんや篠田友里さんが紹介しました。

直射日光は当てていいのでしょうか?水はどこまで入れるのでしょうか?そして、最初に豆苗を切るとき、どの位置で切るとよいのでしょうか?

それらによって、豆苗の育ち方が大きく変わります。

知って得する豆苗のアレコレ。ぜひご参照ください!

容器:豆苗の成長に大事なのは水です。容器が小さいと入れることができる水も少なくなるので、指が一本くらい入る大きな容器がおすすめです。

水の量:豆苗が育っていくと水を吸い上げていくので、ある程度の水があった方が豆苗の成長にはいいです。ただし、水の量は豆の下までにしてください。豆が水にしたってしまうとカビの原因になります。水は一日に一回変えてください。

日当たり:日の当たる時間であったり、光の量が重要となります。日当たりが良い方がよく育ちます窓際がベストです。ただし、真夏は水が悪くなりやすいので直射日光は避けてください。

豆苗を切る位置豆の3センチ以上が理想的です。豆苗の下にあるわき芽が芽をのばしていくので、わき芽を残すことが重要です。わき芽を二つ残すようにしてください。

豆苗栽培のコツ

豆苗を逆さにしてふって、落ちてくる豆はとってください。また成長が早くのびた豆苗は先にとってください。

「あさイチ」豆苗の効能は?

2020年2月25日放送「あさイチ」で、豆苗の効能について、管理栄養士の赤石定典さんが、説明してくれました。

豆苗は、βカロテン(体内ではビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸などビタミンが豊富です。

βカロテン(体内ではビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE は、抗酸化作用があります。

美肌効果・シミ予防・動脈硬化予防が期待できます。

葉酸は認知症予防に効果があり、ビタミンKは骨を強くするので骨粗しょう症予防になります。

まとめ:「あさイチ」豆苗の効能や育て方は?

ここでは、「あさイチ」で紹介された、 豆苗の効能や育て方(水の量・日当たり・切る位置など)のポイントをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事