背中のストレッチ

1月18日の「世界一受けたい授業」の放送の中で、佐藤義人先生が肩こりや腰痛の解消に効果的な神ストレッチを紹介しました。ここでは「世界一受けたい授業」の講師となった佐藤義人先生について、肩こりや腰痛の解消の神ストレッチをわかりやすく紹介しています。

「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消!カリスマトレーナーの佐藤義人先生とは?

背中の伸ばすストレッチ

2020年1月18日日本テレビ系放送「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消に効く「神ストレッチ」をご紹介します。

肩こりと腰痛は、日本人の2人に1人は悩んでいる国民病です。

ラグビーワールドカップで日本代表のトレーナーを務め、選手から「神の手(ゴッドハンド)」と信頼を集めた佐藤義人先生が、家でもできる神ストレッチを教えてくれました。

佐藤義人先生は、ラグビーワールドカップで日本が歴史的な勝利をあげた快進撃を裏で支えていた名トレーナーです。

無意識に身体に起こる小さな動きのクセを見抜き、骨や筋肉を正しいポジションに整える佐藤義人先生の施術は「人間を野生に戻していく」作業でもあるといいます。

ラグビー日本代表の稲垣選手は「即効性がすごい」と語り、堀江選手は「選手生命を救ってくれた人、付いていくしかないっしょ」と、賛辞を惜しみません。

佐藤義人先生は、「取れない疲れが一瞬で消える 神ストレッチ」の著者でもあります。

1月19日の情熱大陸にて、佐藤義人先生が特集されるので、ぜひご覧ください!

「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消!「腕のばし」ストレッチとは?

肩や腕が内側に入っているのが肩こりの原因になります。

スマホの使い過ぎなどで、指の筋肉がかたまってしまうのも肩こりの原因となります。

最初に行ったのが、肩こり解消ストレッチの「腕伸ばし」です。

たった30秒でできますよ!

1、手の指先を自分の方へ向けて、テーブルに手をつき、腕を伸ばします。手首からひじまでがしっかりと伸びていることを意識します。

2、もう一方の手で、親指以外の指を一本ずつ上にもちあげて、はじいていきます。

3、同様に、反対の腕も行います。

1日5回ずつ、無理をせず自分のペースで行うと効果的です。

この「腕のばし」ストレッチを約2週間続けると、肩こり解消が期待できます。

「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消!「壁ペタ伸ばし」ストレッチとは?

肩こりや腰痛の原因になる背中の多裂筋(たれつきん)

この 背中の多裂筋(たれつきん) を伸び縮みさせるストレッチが「壁ベタ伸ばし」ストレッチです。

多裂筋(たれつきん)は、背面のインナーマッスルともよばれています。

肩こりや腰痛改善に効果的なストレッチです。

1、足を肩幅に開いて、壁に向かってつま先を開いて立ちます。

2、腕を真上に伸ばし、手の平を壁につけます。

3、胸が壁から離れないように、背中の中央を縮めるように意識しながら、ゆっくりとお尻を突き出すように腰を落とします。手のひら、胸、つま先を壁から離さないようにしてください。

4、そのまま5秒キープしたら、元の体勢に戻す。

5秒キープ×10回行います。

「壁ペタ伸ばし」ストレッチを3週間続けると、肩こり腰痛改善に効果があるでしょう。

「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消!「腹筋太もも伸ばし」ストレッチとは?

パソコンなどの作業で同じ体制が続いて猫背になると腰痛の原因になります。

縮こまった筋膜(きんまく)をほぐすと、腰痛改善に効果があります。

筋膜をほぐすストレッチが「腹筋太もも伸ばし」ストレッチです。

1、仰向けに寝て、右足の膝を曲げ、足裏を外側に向け、膝の内側を床に出来るだけ近づけます。

2、曲げた膝の内側が浮かないように、左足の膝を曲げ、左足の踵を右足の膝の外側に乗せてしっかりおさえます。

3、右手を頭上まで持ち上げ、腕をめいっぱい伸ばします。

4、肩が浮かないように注意しながら、5秒キープしたら力を抜いてください。

1日に5秒キープ×5回、左右3セットずつ行うと効果的です。

3週間行うと、腰痛改善に効果が期待できます。

まとめ:「世界一受けたい授業」肩こりや腰痛の解消!神ストレッチとは?

手を伸ばすストレッチ

ここでは「世界一受けたい授業」の講師となった佐藤義人先生について、肩こりや腰痛の解消の神ストレッチを紹介しました。

佐藤義人先生は、ワールドカップラグビーのラグビー日本代表の快進撃の立役者の一人です。

そのカリスマトレイナーである佐藤義人先生の神ストレッチ説得力がありますね。

これで、辛い肩こりや腰痛も解消できそうです。

家庭でできる神ストレッチ!ぜひトライして続けたいと思います!

おすすめの記事