youtuber

2020年2月27日放送「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館で、ユーチューバー(YouTuber)の心構えや基礎知識が紹介されます。ここでは、「ハナタカ」で特集される、ユーチューバー(YouTuber)の月収や心構えや基礎知識についてまとめました。

「ハナタカ」ユーチューバー(YouTuber)の基本知識を特集!

2020年2月27日放送「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館で、ユーチューバー(YouTuber)の心構えや基礎知識が紹介されます。

・ユーチューバーの気になる月収はどれくらい?

・ ユーチューバーになるための心構えとは?

・知っているようで知らないユーチューバーの基礎知識とは?

ここでは、「ハナタカ」で特集される、ユーチューバー(YouTuber)の月収や心構えや基礎知識ついてまとめました。

「ハナタカ」ユーチューバー(YouTuber)特集!気になる月収は?

ユーチューブの主な収入源は、視聴されると入る、広告収入です。

現在は、チャンネル登録者数が1000人以上、直近1年の総再生時間が4000時間以上の人が、アドセンス登録できます。

アドセンス登録とは、一定の条件を満たしたユーチューバーだけが、銀行口座など個人情報を登録することで、一定の条件を満たした場合、入金がされる仕組みです。

1再生あたりの広告費は、人によって異なります。

よく動画が1回見られると0.1円などと聞きますが、人気のユーチューバーになると、広告を出したい企業が競合し、広告単価はあがっていきます。

国や地域によって、単価が異なることがあるので、自分の動画がどの国や地域が得なのかを考えて、字幕をつけたり、好まれる映像を作ると、より収入アップの可能性があります。

更に、人気のユーチューバーになり、何億円も稼ぐユーチューバーたちは、「企業案件」といわれるものがあり、企業から高額の報酬で、直接商品を紹介してほしいという依頼があります。

時折見かける「〇〇を試してみた!」みたいなものがそれですね。

この「企業案件」の依頼があるようになると、それにより、更なる収入アップが見込めます。

更に、人気ユーチューバーになると、YouTubeライブの投げ銭、グッズ、イベントのオフ会などもあるので、どんどん稼ぐことができる仕組みです。

「ハナタカ」ユーチューバー(YouTuber)特集!ユーチューバーになるための心構えとは?

人を傷つけない

自分を傷つけない

法律を犯さない

モラルを守る

これを必ず踏まえた上で、他のチャンネルとの差別化を図りましょう。というのが、ユーチューバーになるための知識を教えてくれる専門学校の教えです。

「ハナタカ」ユーチューバー(YouTuber)特集!知っているようで知らないユーチューバーの基礎知識とは?

YouTubeは、元々2005年にアメリカの企業が始めました。

2019年、男子小学生の「将来つきたい職業」の第1位になるなど、すっかり人気になったユーチューバーを育てるための専門学校、インターナショナル・メディア学院もあり、基礎から応用まで教えてくれます。

初心者には、「ネタに困らず、顔出し不要のゲーム実況」で、専門学校でもおススメしているそうです。

このご時世、ユーチューブも規制が以前より厳しくなっているそうです。

まとめ:「ハナタカ」ユーチューバー(YouTuber)の専門学校!月収や基礎知識?

ここでは、「ハナタカ」で特集される、ユーチューバー(YouTuber)の月収や心構えや基礎知識ついてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事