ミモザサラダ
ミモザサラダ

2021年3月9日放送「あさイチ」で、イタリアンの落合務シェフの弟子・成田直己(なりたなおき)シェフがミモザサラダのレシピを紹介しました。ここでは、2021年3月9日放送「あさイチ」で、【ラ・ベットラ・ダ・オチアイ】の落合務シェフがのミモザサラダのレシピについてまとめました。

【あさイチ】落合務シェフのミモザサラダのレシピ!

イタリアンの落合務さんは「ミモザ・サラダ」。

パルメザンチーズを溶かして作ったバスケットに、春野菜やトマト・チーズがたっぷりです。

春を告げる花として知られるミモザの花に見立てた卵のソースをたっぷりかけた、簡単なのにゴージャスなサラダです。

材料

パルメザンチーズの塊: 50g

モッツァレラチーズ: 適量

ゴルゴンゾーラチーズ: 適量

ベーコン: 50g

卵: 2個

塩: 少々

コショウ: 適量

オリーブオイル: 適量

マヨネーズ: 30g

レモン汁: 1/3個

菜の花: 適量

アンティーブ: 適量

ミニトマト: 適量

アスパラ: 適量

ソラマメ: 適量

レタス: 適量

イタリアンパセリ: 適量

作り方

1.チーズのバスケットをつくります。ボウルの上で、塊のパルメザンチーズをすりおろします。

2.冷たいフライパンにすりおろしたパルメザンチーズを入れて、スプーンで伸ばして火をつけます。周りが溶けるまで強火で30秒、その後中火~弱火に落として全体が溶けて泡が上がるまで1分半~2分焼きます。

3.上下を返し、全体が温まるまで焼きます。さわれる範囲まで冷まして、チーズの皮を、裏返したボウルに置くとバスケット型にかたまります。

4.冷たいフライパンに油をなじませて、卵2個を入れて、軽く塩をふり火をつけます。

5.周りが白っぽくなるまで強火、その後弱火に落とし蓋をして半熟になるまで2分半~3分ほど焼きます。

6.ボウルに半熟の目玉焼きに移して、パルメザンチーズ(大さじ1)とマヨネーズを加えてかき混ぜ、仕上げにオリーブオイル(小さじ1)をかけてさらに混ぜて、ミモザソースの完成です。

7.適当な大きさに切った菜の花・アンティーブ・ミニトマト・レタス、塩ゆでしたアスパラ・ソラマメをボウルに入れて、塩(ふたつまみ)とコショウを先に入れて混ぜます。

8.レモン汁(1/3個)をかけ、オリーブオイル(大さじ1)を後入れしてさらに混ぜます。(オリーブオイルを先に入れるとコーティングされて味がつきにくくなります。)

9.パルメザンチーズやモッツァレラチーズやゴルゴンゾーラチーズを入れて、さらにカリカリに焼いたベーコンを加えてかき混ぜます。

10.パルメザンチーズのバスケットにサラダを盛りつけて、ミモザソースをかけ、イタリアンパセリを散らして完成です!

【あさイチ】落合務シェフのプロフィールや経歴は?

落合務シェフは、東京都出身で、17歳の時にフランス料理を志し、東京・紀尾井町のホテルニューオータニへ入社し、料理の修業を始めました。

その後フランス旅行の帰路イタリアで料理に魅せられ転身します。

1978年に本格的にイタリアに渡り、約3年間料理修業を積んで帰国しました。

1982年、東京・赤坂「グラナータ」の総料理長に就任し、日本におけるイタリア料理の先駆者として活躍しました。

1997年に独立し「LA BETTOLA da Ochiai」を開店しました。

現在は銀座、池袋、名古屋、富山に全6店舗を経営しています。

【あさイチ】ラ・ベットラ・ダ・オチアイ本店の場所や営業時間は?

店舗名: LA BETTOLA da Ochiai ラ・ベットラ・ダ・オチアイ

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座1-21-2 

電話: 03-3567-5656

営業時間
【平日】
ランチ 11:30〜14:00(ラストオーダー)
ディナー 18:30〜21:30(ラストオーダー)
※2018年1月より平日ディナーのラストオーダー時間が変更になりました。
【土・祝日】
ランチ 11:30〜14:00(ラストオーダー)
ディナー 18:00〜21:30(ラストオーダー)

定休日: 毎週 日曜・月曜

まとめ:【あさイチ】ミモザサラダのレシピ!落合務【ラ・ベットラ・ダ・オチアイ】3月9日

ここでは、2021年3月9日放送「あさイチ」で、【ラ・ベットラ・ダ・オチアイ】の落合務シェフが紹介した、ミモザサラダのレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事