餅

2021年3月9日放送「あさイチ」で、中国料理の孫成順さんが春餅(チュンピン)のレシピを紹介しました。ここでは、2021年3月9日放送「あさイチ」で、中國名菜 「孫」の孫成順さんが紹介した、春餅(チュンピン)のレシピについてまとめました。

【あさイチ】春餅(チュンピン)のレシピ!

中国料理の孫成順さんは、中国で立春のお祝いに必ず食べるという「春餅(チュンピン)」。

小麦粉を練った皮に、肉や春野菜を巻いてパクリ。

コクのあるテンメンジャンのタレがたまりません。

材料

皮(16枚分)

薄力粉: 300g

塩: 小さじ1

熱湯: 150ml

水: 20ml

打ち粉: 適量

サラダ油: 適量

もやしと豚肉の黒酢炒め

サラダ油: 大さじ1

もやし: 1/2袋

豚バラ肉: 80g 

サラダ油: 大さじ2

ホウジャオ(粒): 小さじ1/2

黒酢: 適量

山椒: 少量

しょう油: 大さじ1

生姜: 小さじ1

ネギ(皮の部分): 12cm

紹興酒: 大さじ1

作り方

1.皮をつくります。薄力粉と塩をボウルに入れて熱湯を入れながら、麺棒でこねて、かたまってきたら少し水を加えてさらに練っていきます。

2.1の生地を面台の上で練って空気をぬいてラップして、室温で1時間ほど寝かします。

3.寝かした生地を、直径3センチ長さ60センチぐらいまで細長く伸ばし、16等分くらいに切ります。

4.切った生地に小麦粉を軽くふりかけ、手でつぶして円形にしていきます。

5.円形状の生地の表面に油を塗り、小麦粉をふり、2枚重ねしてさらに麺棒で薄く直径20センチくらいまで伸ばしていきます。

6.フライパンで、2枚重ねの伸ばした生地を焼いていきます。片面20秒~30秒ほど焼くと、一枚ずつはがれます。

7.焼いた生地は、重しをのせ10分程置きます。食べる前に蒸し器で5分程蒸します。

8.フライパンに油を入れて加熱し、もやしを入れて20秒ほど炒め、少しお湯を入れてさらに炒め、水けをきって別の皿に取り出します。

9.空になったフライパンに油を入れて、ホウジャオ(粒)を加え加熱し、香りをつけたところでホウジャオ(粒)を取り出します。

10.フライパンに、豚肉の切り身を入れ炒めて、豚肉が白くなったところ、鍋のふちからしょう油を回し入れます。(しょう油は先入れで、肉に香りをまとわせます。)

11.細切りした生姜とネギを入れ、紹興酒を加えさらに炒め、炒めておいてあったもやしを加え、黒酢を仕上げにいれて、もやしと豚肉の黒酢炒めの完成です。

12.7の皮で、もやしと豚肉の黒酢炒めを包んで、春餅の完成です!

【あさイチ】孫成順のプロフィールや経歴は?

孫成順さんは、1963年、中国・北京生まれです。

25歳で中国料理人の最高位の資格「特級厨師(とっきゅうちゅうし)」を取得しました。

1991年に来日し、全国各地の有名ホテル、レストランの料理長を歴任し、いくつかの店の料理長を経て2004年に独立しました。

孫成順さんは、2007年9月に、来日以来の自身の夢であった中國名菜「孫」を六本木にオープンし(港区六本木7-6-3 喜楽ビル B1F)、2010年阿佐ヶ谷店、日本橋店をオープンしました。

現在、NHK「あさイチ」、NHK「きょうの料理」他、テレビの料理番組に数多く出演。料理専門誌や月刊雑誌に掲載多数、調理師専門学校の講師も務めます。

また、2007年11月26日には、初の孫 成順自身の料理専門書となる「本場の中国料理 ソース・たれ・醤の基礎技術教本」(旭屋出版)も出版されるなど、多方面で活躍されています。

【あさイチ】中國名菜 「孫」本店の場所や営業時間は?

中國名菜 「孫」本店

住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-6-3 喜楽ビルB1F

TEL:03-5785-3089

アクセス:
大江戸線 六本木駅 徒歩5分
日比谷線 六本木駅 徒歩5分
千代田線 乃木坂駅 徒歩5分

営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:00)

定休日: 無

まとめ:【あさイチ】春餅(チュンピン)と【もやしと豚肉の黒酢炒め】のレシピ!孫成順が伝授!3月9日

ここでは、2021年3月9日放送「あさイチ」で、中國名菜 「孫」の孫成順さんが紹介した、春餅(チュンピン)のレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてください!

関連キーワード
おすすめの記事