鯛めし
鯛めし

2021年3月9日放送「あさイチ」で、日本料理の中嶋貞治(なかじまさだはる)さんが「鯛(たい)めしの袱紗(ふくさ)」のレシピを紹介しました。ここでは、2021年3月9日放送「あさイチ」で中嶋貞治(新宿割烹 中嶋)さんが紹介した、鯛めしのふくさのレシピについてまとめました。

【あさイチ】鯛めしのふくさのレシピ!

日本料理の中嶋貞治さんは、「鯛(たい)めしの袱紗(ふくさ)」を披露します。

たけのこ・菜の花・そら豆などの春野菜をふんだんに混ぜこんだ鯛めしを、薄焼き卵で包んだ料理です。

鯛は、軽くあぶってうまみを凝縮してから混ぜこみます。

開ける楽しみ、食べる人が喜ぶ顔も楽しめる一品です。

材料

鯛の刺身: 120g

炊き込みご飯

米: 360ml(2合)

だし: 360ml

うす口しょう油: 36ml

塩: 36ml

八方だし

だし: 210ml

うす口しょう油: 15ml

みりん: 15ml

ゆでたけのこ: 40

エビ: 2匹

ソラマメ: 8個

菜の花(塩茹で): 2本

卵: 4個

塩: 二つまみ

片栗粉: 小さじ2

水: 大さじ2

木の芽: 適量

作り方

1.鯛を幅5ミリに切り、塩をして5分程置いて水気をふきます。

2.鯛の切り身を、フライパンに少し油をひいて両面を焼いていきます。(鯛を焼くことで、うまみを逃さず臭みを減らします。)

3.米に出汁、うす口しょう油と酒を加えて、炊飯器で炊きます。

4.焼いた鯛を炊飯器に入れ、余熱で蒸らします。

6.出汁とうす口しょう油とみりんで八方だしをつくり、鍋に入れて火をつけます。

7.八方だしに軽く茹でた切ったたけのこを入れて、沸騰するまえ強火で煮ます。

8.切ったエビやソラマメを入れ中火にして、下茹でしてあられ状にした菜の花を入れたところで火を止めます。(火を止めて、鍋止めすることによりしっかり味を含ませます。)

9.粗熱がとれたら、8の具材のみを炊飯器に入れて混ぜて、鯛もほぐします。

10.ボウルに溶いた卵と水溶き片栗粉と塩を入れてかき混ぜ、二度ザルで裏ごしします。

11.油を引いたフライパンで、弱火で卵を薄焼きしていきます。

12.薄焼きにした卵で、9の鯛めしを巻いて、木の芽をのせて、鯛めしのふくさの完成です!

日本料理の中嶋貞治さんのプロフィールや経歴は?

中嶋貞治さんは、1956年生まれ、東京都出身です。

祖父は北大路魯山人の主宰する【星岡茶寮】の初代料理長を務め、1931年に【割烹 中嶋】を銀座に創業しました。

祖父より分家独立し【新宿割烹 中嶋】を父が開店しました。

中嶋氏は京都で修業後、1980年に店主に就任。魯山人や祖父、父の料理哲学を継承しつつ、関西割烹の基本と伝統を踏まえ、自ら工夫した新しい試みにも挑みます。

超人シェフ倶楽部の会長です。

食育にも熱心で、多方面で活躍されています。

新宿割烹 中嶋】の場所や営業時間は? 

住所: 東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビル B1F

TEL: 03-3356-4534

アクセス:
JR「新宿駅」南口/東口から徒歩3分
東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅 A1出口徒歩2分。
またはE9出口エレベーターを出て、すき家の角の筋を入ると左手徒歩1分。

営業時間: 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~21:30(L.O.20:30)

定休日: 日曜・祝日

まとめ:【あさイチ】鯛めしのふくさのレシピ!中嶋貞治「新宿割烹 中嶋」が伝授!3月9日

ここでは、、2021年3月9日放送「あさイチ」で中嶋貞治(新宿割烹 中嶋)さんが紹介した、鯛めしのふくさのレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事