宝塚

2020年3月14日放送「マツコ会議」では、タカラジェンヌなりきり撮影の宝塚公式写真スタジオ(ステージスタジオ)が舞台になります。ここでは、「マツコ会議」 で舞台となる宝塚ステージスタジオの利用方法などの情報をまとめました。

「マツコ会議」宝塚ステージスタジオでタカラジェンヌなりきり撮影?

2020年3月14日放送「マツコ会議」では、タカラジェンヌなりきり撮影の宝塚ステージスタジオが舞台になります。

“宝塚なりきりシリーズ第3弾”として今回中継するのは、兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場内の写真スタジオです。

タカラジェンヌが着ている衣装と同じデザインのものが約40種類ほどあるスタジオでは、背景も劇場で使われているセットや衣装を作っている舞台専門会社の協力の下、本格的な撮影をしてくれます。

こちらのスタジオは、タカラジェンヌが着ている衣装と同じデザインのものが約40種類ほどあり、背景も劇場で使われているセットや衣装を作っている舞台専門会社の協力のもと、撮影をしてくれるという本格ぶりです。

「マツコ会議」では、撮影中の美人母娘のお客さんが。

関西在住だという母親に話を聞くと、初めてタカラジェンヌに扮装したのは、誕生日にご主人がプレゼントしてくれたのがきっかけなのだそうです。

娘さんも幼稚園のお遊戯会で宝塚の演目をしたことでハマったそうで、「さすが関西ね。アタシ、演目もなんだけどレビューが好きで、やっぱり宝塚はレビューよね。」とマツコが母娘と宝塚への愛を語り合います。

続いてお話を聞いたのは20歳の女の子です。

変身した姿を見て「もしかしたら他のお客さん達よりも(宝塚に)憧れているかもしれない。」とマツコの敏感な嗅覚が働きます。

1度宝塚音楽学校を受験したと女の子が答えると「ほら!引きの画で見た時に思ったもん。」と自信気なマツコ。

20歳になった記念に初めて宝塚メイクをしてもらったという彼女に「結構似てるんですよ、アタシたちのメイクと宝塚のメイク。」とマツコが宝塚メイクを徹底解説します!

さらに、40種類程あるスタジオ衣装をほぼ制覇したという50代女性も登場します。

ポイントカード式の会員証やグッズをたくさん持つ彼女に「間違いなく姉さんはここのカモだね。」とマツコが冗談めかして話すと、「カモというよりも生きがいなんですここは。」と宝塚に人生を注ぐ女性の熱い想いに思わず圧倒されるマツコ。

そして、今回初めてタカラジェンヌなりきり写真に挑戦するという30代の姉妹が「ベルサイユのばら」の主人公に大変身します!

果たしてどんな変身を遂げるのでしょうか?

ここでは、「マツコ会議」 で舞台となる宝塚ステージスタジオの利用方法などの情報をまとめました。

「マツコ会議」宝塚ステージスタジオの利用方法は?

サービスにはスタッフの方が舞台用メイクをしてくれるものと、自分でメイクするものの2種類のコースがあります。

どちらも衣装は3着までとなります。

メイクステージと呼ばれる(スタッフの方が舞台メイクを施してくれるコース)は、必ず事前に予約が必要になります。

ショートステージ(舞台メイクをしないコース)は予約なしでも大丈夫だそうです。

舞台メイクありのメイクステージの商品は、撮影日から約1週間後になります。

メイクありコースは高校生以上の女性のみの限定です。

当日の持ち物は、洗顔用タオルと帰りの時用の基礎化粧品とメイク道具です;

当日は予約時間より少し早めに受付に行って、そこで撮影コースとドレス、背景を決めます。

衣装の着数は3着までです。

娘役の場合は半分のカツラで、地毛の生え際を活かしてくれるもの、または全カツラをセットしてくれ、男役の場合でカツラのないものは、スタッフの方が地毛でリーゼントのようにセットしてくれるそうです。

男役の衣装は大体11号、白のオスカルの衣装は9号でも小さいようです。

メイクのサービスを受けた後、私服に着替えた後ならば、自分で撮影可能なので、前開きの服で行くのが良いそうです。

まとめ:「マツコ会議」宝塚公式写真スタジオ!タカラジェンヌになれる写真館?

ここでは、「マツコ会議」 で舞台となる宝塚ステージスタジオの利用方法などの情報をまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事