ラーメン
ラーメン

2020年3月14日放送「激レアさん」に、亡き夫の夢であるさっぽろラーメン「桑名」の店主・高桑絵美子(エミコさん)と孫の花穂(カホさん)が登場します。ここでは、 「激レアさん」 に登場する、 「桑名」の店主・高桑絵美子さんと孫の花穂さんの69歳の挑戦・経歴・背景をまとめました。

「激レアさん」ラーメン桑名は亡き夫の夢!高桑絵美子さんと孫の花穂さん!

2020年3月14日放送「激レアさん」に、亡き夫の夢であるラーメン「桑名」の店主・高桑絵美子さんと孫の花穂さんが登場します。

2020年3月14日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、東京進出という亡き夫の夢を叶えるために、69歳で上京してラーメン屋をオープンした高桑絵美子(タカクワエミコ)さんと、絵美子さんの大ピンチを救った孫の花穂(カホ)さんです。

69歳で新たにビジネスに挑戦する勇気はどれほどのものでしょうか。

『さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店』の店主・高桑絵美子さんは、孫の手を借りながらも大成功を収めました。

ここでは、 「激レアさん」 に登場する、 「桑名」の店主・高桑絵美子さんと孫の花穂さんのプロフィール・経歴・背景をまとめました。

「激レアさん」 ラーメン桑名の店主・高桑絵美子さんと孫の花穂さんのプロフィールは?

高桑絵美子さんのプロフィール

名前: 高桑絵美子(たかくわえみこ)

年齢: 72歳(2020年3月時点)

出身地: 北海道旭川市

職業: 『さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店』の店主

花穂さんのプロフィール

名前: 花穂(かほ)

生年月日: 18歳(2020年3月時点)

出身地: 北海道

高校: 高校中退

職業: 『さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店』の店員

「激レアさん」 ラーメン桑名の店主・高桑絵美子さんの経歴や背景は?

北海道旭川市出身の絵美子さんが、結婚したのは23歳の時だそうです。

約30年前、高桑絵美子さんは、夫の佑吉さんと東京で中華料理を学ぶと、北海道の旭川市に帰郷して中華料理屋を始めました。

しかし、親族の連帯保証人になったがために3600万円の借金を背負い、苦しい生活を強いられます。

そこで、ラーメンブームに乗ってラーメンの研究をし、1990年9月にラーメン屋『さっぽろラーメン桑名』をオープンすると、メディアで紹介されたことをきっかけに大繁盛したのです。

その結果、借金は5年で完済でき、札幌市内に3店舗有するまでになりました。

こうして、『さっぽろラーメン桑名』は、札幌では知らない人がいない人気ラーメン店となりました。

しかし、夫の佑吉さんは東京でも自分のラーメンが通用するか試したいと告げるようになり、いつしか東京進出 『いつか東京でラーメン店を開いて有名になろう!』 が夫婦2人の夢となります。

その佑吉さんが、2013年に他界してしまったのです。

高桑絵美子さんは、 長い間落ち込んでいましたが、亡き夫の夢を果たすため、『時計台通り本店』の経営を息子の祐也さんに任せ、『道庁前店』は閉店しました。

そして、 高桑絵美子さんは、 69歳で上京したのです。

2017年11月28日に『さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店』をオープンし、順調に進みますが、1年後に大ピンチを迎えます。

高桑絵美子さんは一人で切り盛りしていましたが、腱鞘炎でお店を休まざるを得なくなったのです。

この大ピンチに、孫娘の花穂さんは、将来、高卒認定試験に合格することを両親と約束し、高校を中退して16歳で上京を果たしたのです。

そして、祖母の大ピンチを救い、今も『さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店』で働き続けています。

「激レアさん」 ラーメン桑名の店主・高桑絵美子さん孫ヲ助けるために花穂さん上京?

花穂(かほ)さんは16歳で一人で上京し、おばあちゃんのお店の手伝いにきたのです。

理由は、おばあちゃんが腱鞘炎を発症して、お店を休むざるを得ない状況になったからです。

花穂(かほ)さんが上京した理由や想いを、ツイートをしていましたので、引用させていただきます。

"私が学校を辞めておばあちゃんの元で働いている理由

おばあちゃんの夢は亡くなったおじいちゃんとの東京進出で、70歳ぎりぎりで叶えられて、最初のはおばあちゃん一人でこなしていました。

従兄弟も手伝っていましたが、専門学校に通っていた事もあり、昼も夜も働けるのは土日だけの状態でした。

そして専門学校の研修で1か月間従兄弟がいない時もあって、お客さんにも手伝ってもらう形に。

それでもおばあちゃんの手に大分負荷がかかっていて腱鞘炎を発症。

家族に相談したところ、帰っておいでと言われ、さすがに東京進出を叶えて1年で帰るのは・・・

その話を聞いた私は、桑名のラーメンが大好きだし、尊敬してるおばあちゃんにはたくさんお世話になったので、このままおばあちゃんの夢を終わらせたくない。”

優しさにあふれた強い想いですね。

今は東京でおばあちゃんと一緒に店をやっていますが、将来は一人前になって自分の店を持つことが夢だそうです。

「激レアさん」さっぽろラーメン桑名の場所や営業時間は?

京進出した『サッポロラーメン桑名』の場所や人気メニューは、東京1店舗、北海道札幌に1店舗の2店舗あるようです。

以下メニューが人気です。

味噌らーめん 950円

正油らーめん 850円

塩らーめん 850円

とんこつらーめん 850円

現在でも、夫・佑吉さんが遺したレシピ通りに作っているそうです。

人気の味噌らーめんは、熟成味噌を使用しており、コク・うま味・甘味があり絶品です。

東京常盤台店

店名 さっぽろラーメン桑名 東京常盤台店

住所 東京都板橋区常盤台1-46-4 浜ビル1F

電話 03-5970-6088

営業時間 11:30~20:00 ※売り切れ次第終了

定休日 水曜日

時計台通本店

住所:〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2丁目38

営業時間:11:00~23:00

定休日:なし

まとめ:「激レアさん」ラーメン桑名!おばあちゃんエミコさんと孫のカホさん!

ここでは、 「激レアさん」 に登場する、 「桑名」の店主・高桑絵美子さんと孫の花穂さんのプロフィール・経歴・背景をまとめました。

ラーメン桑名は、札幌も東京もどちらも本当に美味しいです!おすすめです!

孫の花穂さんが、いつかご自分のラーメン屋さんを出すのも楽しみですね!

おすすめの記事