野球

2020年3月18日放送「衝撃のアノ人に会ってみた」に、元巨人のコーチで 、37歳という若さで亡くなった木村拓也(野球界のキムタク)さんの長男・木村恒希さんが登場します。ここでは、「衝撃のアノ人」 に登場した、元巨人の木村拓也さんの長男・木村恒希さんを桝太一アナと亀梨和也さんが訪ねます。 20歳になった木村拓也さんの長男・木村恒希さんの野球人生や現在についてまとめました。

「衝撃のアノ人」元巨人の木村拓也コーチの長男を訪ねる!

2020年3月18日放送「衝撃のアノ人に会ってみた」に、元巨人のコーチで 、37歳という若さで亡くなった木村拓也さんの長男・木村恒希さんが登場します。

日本ハム・広島・巨人で活躍した現役時代日本代表としてアテネ五輪で銅メダルを獲得するなど“野球界のキムタク”として人気を博した巨人の木村拓也コーチ

現役通算成績は1523試合で1049安打、53本塁打、280打点でした。

現役選手当時は、遠征が多く、家族で過ごせるのは月に3日しかなかったそうですが、当時のTV映像では、何度も家族思いの良いパパの姿が残っています。

2010年、木村拓也コーチは、試合直前の練習中にくも膜下出血で倒れ、5日後、37歳という若さで亡くなりました。

亡くなって17日後、2010年4月24日、木村拓也コーチの追悼試合が行われました。

この追悼試合で、オリンピックを共に戦った同級生の谷佳知選手が、ホームランを打ち、思いを白球にのせて、木村拓也コーチに届けました。

当時10歳だった長男は、この追悼試合で始球式のピッチャーを担い、その後父の背中を追いかけて野球を続けていました。

あれから10年、20歳になった彼に、桝アナと亀梨が会いに行きます。

お父さんによく似てきた木村恒希さんが、実家に飾られている父の貴重な思い出の品々を見ながら、父の思い出を語ります。

さらにほかの子どもたちも登場し、その成長ぶりに桝アナと亀梨は目を見張ります。

マツダスタジアムを望む小高い丘に、木村拓也さんのお墓があります。3人が墓参りに向かうと、墓石にはある言葉がありました。それは、「一生懸命」

「この言葉に助けられることが多い」という長男の現在歩む道とは?

ここでは、「衝撃のアノ人」 に登場した、元巨人の木村拓也さんの長男・木村恒希さんの野球人生や現在についてまとめました。

「衝撃のアノ人」元巨人の木村拓也コーチのご家族は?

巨人の故・木村拓也コーチのご家族は、妻と3人の子供たちです。

巨人の故・木村拓也コーチは、ご家族をとても大切にされていて、テレビで穏やかで温かな家族の雰囲気が伝えられています。

木村拓也コーチの妻は由美子さん、長男の恒希(こうき)さんと長女の生吹(いぶき)、次男の俊生(としき)です。

現在は、巨人の故・木村拓也コーチが残した広島市の自宅で家族で過ごしているようです。

巨人の故・木村拓也コーチの3人の子供さんは、父の血を受けついでスポーツ万能のようです。

「衝撃のアノ人」元巨人の木村拓也コーチの長男の現在は?野球人生は?

巨人の故・木村拓也コーチの長男、木村恒希さんは、父・故木村拓也コーチを尊敬しており、ずっと野球を続けています。

木村恒希さんは、 広島県廿日市市にある「広島県立廿日市高校」出身です。

「ミスター赤ヘル」こと山本浩二さんの出身校で、恒希さんは高校時代のポジションは、セカンド・サード・ショートを守りキャッチャーにも挑戦しました。

ケガにたたられ9か月のリハビリを強いられましたが、子供の頃の父との練習を思い出し、リハビリを乗り越え、最後の夏は5番ファーストで出場しました。

最後の夏の試合は、3時間21分の激闘でした。

11回は左前打、12回は右前打です。

追い込まれてもファウルを重ねて懸命に突破口を開き、2度の勝ち越し生還を果たしました。

最後は1点差に迫られ、なお1死二、三塁からツーランスクイズを決められました。

懸命な本塁返球も及ばず、サヨナラで敗れました。

木村恒希さんは、 「勝ちたかったけど、チームの底力は見せられた。高校で野球をやって改めてプロの世界はすごいと思う。父を尊敬しています」と語っています。

父である拓也選手と同じく、貴重な万能選手としてチームに貢献しました。

2018年に広島工大に進学し、建築士を目指す一方で、野球も続けています。

巨人の故・木村拓也コーチの追悼試合が行われた時には、始球式にわずか10歳でマウンドに立ちストライクを投げて見せました。

悲痛な母・由美子さんを目の当たりにして、父親の後を継ごうと決めたそうです。

無理をして強豪シニアに入部し、思い詰める様子を心配する母に「楽しく野球をやりたい」と打ち明けまました。

中学の野球部へ移り、“自分の野球”を楽しむようになったそうです。

父が生前使ったグラブやバットは使用の跡が消えないように手を触れず家族で大切に保管してきました。

将来の夢は、建築に携わることで進学を希望し、広島工大に進学されたのです。

現在の木村恒希さんは、父の巨人の故・木村拓也コーチと同じ野球界での活躍を夢見る一方、自分なりの「一級建築士としての夢を叶え、社会人として野球を続ける」という思いがあるそうです。

父の座右の銘である、「一生懸命」という言葉を大切にし、何でも一生懸命に取り組んでいます。

もし、プロ野球選手になれなくても、草野球チームで活躍をしたいと思われているそうです。

番組内でも最後に、原辰徳監督からメッセージが。

陰ながら、でも表に立って応援する日がくるかもしれません。頑張って!!

まとめ:「衝撃のアノ人」木村拓也の長男・木村恒希!野球人生や現在は?

ここでは、「衝撃のアノ人」 に登場した、元巨人の木村拓也さんの長男・木村恒希さんの野球人生や現在についてまとめました。

木村拓也さんが急死された時のショックは今でも覚えています。

ご長男の 木村恒希さんが野球を続けながら、立派な夢に向かわれていることを知り嬉しく思いました。

おすすめの記事