シャツ

2020年3月27日放送「メレンゲの気持ち」に、松下洸平さんが出演し、ダンスを披露したり、自身の陶芸作品も公開されます。ここでは、「メレンゲの気持ち」に出演する、松下洸平さんの経歴や番組内のダンスを披露や自身の陶芸作品や役作りの苦労などをまとめました。

松下洸平さんが「メレンゲの気持ち」に出演!

2020年3月27日放送「メレンゲの気持ち」に、松下洸平さんが出演す。

戸田恵梨香さん演じるヒロインの夫・八郎を演じ話題になりました。

松下洸平さん演じる八郎が登場すると、その素朴なキャラクターと自然な演技力が注目され、「あの八郎役の俳優は誰?」とSNSを中心に話題になりました。

松下洸平さんの全身全霊をかけた好演は大きな反響を呼び、ツイッターには、その人の魅力や趣味にどっぷりハマっている意味の『沼』を使ったハッシュタグ「#八郎沼」が発生しました。

松下洸平さんの熱演に「朝から泣いた」「涙が止まらない」と大きな反響を呼んでいます。

オーディションで八郎役を射止めた松下さんが、その裏にあった役作りの苦労を明かすほか、自身の作ったオシャレな陶器作品を紹介します。

また、高校時代にダンス部だったという松下さんがダンスを披露する場面もあります。

ここでは、「メレンゲの気持ち」に出演する、松下洸平さんの経歴や番組内のダンスを披露や自身の陶芸作品や役作りの苦労などをまとめました。

「メレンゲの気持ち」松下洸平さんの異色の経歴とは?

松下洸平さんは東京都出身の方で、1987年3月6日生まれの現在32歳です。

松下洸平さんは、幼い頃から芸術と音楽に関心があり、画家である母の元で油絵を、中学生からはダンスを始めていました。

松下洸平は、高校3年生の時に、映画『天使にラブ・ソングを2』に感動して歌手を目指すようになり、卒業後は専門学校:東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美ヴォーカル学科へ進学しています。

専門学校に入学した頃から、 松下洸平は自分で作詞・作曲を書き始めたようです!

松下洸平は、2008年に絵を描きながら自分の曲を歌うパフォーマンス「ペインティング・シンガー・ソングライター」としてライブ活動をスタートし、同年11月にシングル「STAND UP!」でメジャーデビューした。

最初、音楽はまったく売れず、 松下洸平さんは、お客さんが4、5人のところでライブをしたそうです。

松下洸平が22歳のとき、ミュージカル「GLORY DAYS」で初舞台を踏み、「こんな楽しいことがあるんだ」と演劇の魅力にとりつかれ、2010年に事務所をキューブに移籍、あわせて芸名を本名の松下洸平と改めて以降は、俳優活動に専念し活動をされています。

そんな俳優松下洸平さんが注目されるきっかけとなった作品は、黒木華さん主演のCM:サントリーオールフリー「東京」篇と言われています。

ほんわかとした優しい雰囲気の彼氏役で出演し、松下洸平さんを見た視聴者から「あの人は誰?」「笑顔にやられた~」等とかなり話題になっていました!

様々なドラマやCM、そして舞台に多数出演し、持ち前の甘いルックスで女性からの絶大な支持を集めている 松下洸平さんはその演技にも定評があり、2018年には「文化庁芸術祭」の演劇部門での新人賞を受賞しました。

松下洸平さんは、2019年2月には舞台「母と暮せば」とミュージカル「スリル・ミー」での好演で「第26回読売演劇大賞」で優秀男優賞、顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞を受賞されています。

「メレンゲの気持ち」松下洸平さんの 役作りの苦労とは?

1.Youtubeで関西弁を勉強!

ダウンタウンさんのYoutubeを、お風呂でも、移動中でも聞いて、関西弁を練習したそうです。

2.5か月前から陶芸を勉強!

説得力を出すために、暇さえあれば、陶芸の勉強を続けたそうです。

撮影の合間合間に自分で作った陶器は、今ご自宅で使っているそうです。

白や黒をベースに、薄い色でアクセントを入れた各種のお皿があるご自宅がテレビで公開されました。

一番大切な画材道具は、「FABER-CASTELL」の水彩用の色鉛筆だそうです。

3.右利きに特訓して矯正しました!

まとめ:「メレンゲの気持ち」松下洸平がダンスを披露?陶芸作品も?

ここでは、「メレンゲの気持ち」に出演する、松下洸平さんの経歴や番組内のダンスを披露や自身の陶芸作品や役作りの苦労などをまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事