ヘアメイク

2020年5月20日放送「あさイチ」にて、オンライン会議にも有効なメイク術が紹介されました。ここでは、「あさイチ」で紹介された、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが伝授するオンラインメイク&ライティング術についてまとめました。

「あさイチ」オンラインメイク術とは?

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんによれば、オンラインメークはざっくりとしたラフなメークでいいとのことです。

緻密な化粧よりも、大胆に必要なインパクトを残せばいいそうです。

ベースメイク

ベースメイクは、通常は下地とかファンデーションやコンシーラーなど色々なものを重ねることが多いですが、オンラインメイクはファンデーション1つだけでOKです!

目頭から頬骨にかけての美肌ゾーンだけにファンデーションを塗れば十分です。

リキッドファンデーションを手に取って、目頭の下の美肌ゾーンに広げ、スポンジでスタンプをおすようにたたいて馴染ませていくとよいでしょう。

たるみやくすみがとれ、リフトアップされます。

アイメーク

アシシャドーを指につけ、まぶたにおいてアイホール全体に広げています。

ポイントは色選びで、普段使うようなブラウン系ではなく、ちょっと鮮やかな色例えば明るいオレンジなどがおすすめです。

目の影になり疲れた印象になるところが払しょくされます。

さらに、目尻にラインをひいたり(アイライン)、眉の薄いところを埋める程度にアイブロウしてもいいでしょう。

ポイントは、いつもより横に長めにひいてください。

チーク

チークはヘルシーで好印象な血色をあたえる意味でも重要です。

パウダータイプは、ブラシにチークをつけて頬におくようにのせていきます。

ポイントは、筆は滑らせず押しあてるようにしてください。

チークの場所は、笑うと高くなるところに、正面にだけ丸く入れます。

ねりタイプも、同様なポイントに気を付けて行ってください。

いつもより濃いめにしても、オンライン上ではちょうどよいくらいになり、血色よ表情も華やかになります。

最後は、軽く口紅を塗って、てかりをおさえればOKです。

「あさイチ」オンライン会議に有効なライティングとは?

柔らかい光をいかにあてるかがポイントになります。

逆光はさけてください。

フィルターを通すのがいいのですが、家庭ではブラインドや障子やレースのカーテンなどを利用するのも有効です。

オンライン用美人板の作り方を、照明のプロの木村さんが教えてくれました。

段ボール箱から、3面を切り取り3面板をつくります。

そこに、白い紙を貼りつけます。

自然光が自分の顔に当たる反射するように調整して、オンライン会議にのぞんでください。

美人板は自分の位置より高いところに設置し、カメラの位置は目線の高さにしてください。

また、白っぽい服は避けたほうがいいです。顔がくすんで見えます。

まとめ:「あさイチ」オンラインメイク&ライティング術!長井かおりさん伝授!

ここでは、「あさイチ」で紹介された、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが伝授するオンラインメイク&ライティング術についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事