読書

2020年2月14日放送「あさイチ」に、直木賞作家・島本理生さんが出演されます。島本理生さんの経歴・作品・夫である佐藤友哉さんとは?ここでは、「あさイチ」に 出演する島本理生さんのプロフィール・経歴・作品・夫である佐藤友哉さんについてまとめました。

島本理生が「あさイチ」に出演!女性が生きることをテーマに?

2020年2月14日放送「あさイチ」に、ファーストラブで直木賞を受賞された島本理生さんが出演されます。

女性の生きづらさ、そして生き方をテーマに作品を発表してきた直木賞作家の島本理生さん。

2020月2月には、島本理生さんの恋愛小説「Red」が映画化されます。

映画「Red」の三島由紀子監督については、こちらでどうぞ!

いい妻、よき母であろうとした30代のヒロインが昔の恋人との再会や、仕事への復帰を経て変化していく姿を描いています。

島本理生さんの小説の特徴は、10代・20代女性の想いを丁寧に描くこです。

島本理生さんと言えば、2017年に公開された映画「ナラタージュ」が松本潤さんと有村架純さんの共演ということで、大きな話題になりましたね。

ここでは、高校生で作家デビューされた、 直木賞作家・ 島本理生さんのプロフィール・経歴・作品・夫 である佐藤友哉さんについて等まとめました。

島本理生が「あさイチ」に出演! プロフィールは?

島本理央さんのプロフィール

名前:島本 理生(しまもと りお)

生年月日:1983年5月13日

出身地:東京都板橋区

高校: 東京都立新宿山吹高等学校

最終学歴:立教大学文学部中退

母親は舞踏家であり鍼灸師でもある長岡ゆりさんです。

島本理生さんが幼い頃にご両親は離婚されています。

その後まもなく母親は再婚しますが、島本理生さんが10代後半の頃に再び離婚し、母子家庭になりました。このときの経験は作品「リトル・バイ・リトル」に影響を与えています。

小さいころは、引っ越しと転校ばかりだったそうです。 家でも学校でも、いつも本を読んでいるような子供でした。

島本さんは子供の頃から作家になりたいと思っていたそうです。

島本さんは子供の頃、引っ越しばかりしていたので、出会いや別れに対してとても感傷的になることもあり、そのことが島本さんの読む本にも影響を与えていたということです。

中学生のとき、すでに作家としての才能を開花させています。

15歳のとき、初めて応募した作品「ヨルで、見事コンクールで当選。

島本理生さんの出身高校は東京都立新宿山吹高等学校です。

高校在学中には「シルエット」を発表し、群像新人文学賞優秀作に選ばれています。

野間文芸新人賞を受賞した「リトル・バイ・リトル」が出版されたのは、高校を卒業する少し前で、島本さんは19歳でした。

島本理生さんの出身大学は立教大学です。

立教大学は東京都にあるミッション系の私立大学で、1922年に設置されました。

作家で作詞家であり、直木賞を受賞されたなかにし礼さんや絵本作家の葉祥明さんも立教大学の出身です。

島本理生さんは立教大学の文学部で学ばれていましたが、もうその頃は売れっ子の作家さんなので、仕事の打ち合わせなどに忙しく、気持ちの中でも仕事の方が大きなウエイトを占めていて、3年目に中退しました。

島本理生が「あさイチ」に出演! 経歴や作品は?

1998年、15歳の時、「ヨル」が「鳩よ!」掌編小説コンクール第2期10月号に当選し年間MVPを受賞。

2001年、「シルエット」が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれます。

2003年、「リトル・バイ・リトル」で第128回芥川龍之介賞候補になりました。

同作で第25回野間文芸新人賞を受賞。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となりました。

2004年、「生まれる森」が第130回芥川龍之介賞候補になりました。

2005年、「ナラタージュ」が第18回山本周五郎賞候補になりました。

2006年、同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」でも第1位、本屋大賞で第6位に輝き、23万部を超えるベストセラーとなりました。

同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補になりました。

この年、佐藤友哉さんとご結婚されます。

2007年、「Birthday」が第33回川端康成文学賞候補になりました。

この年、佐藤友哉さんと離婚されました。

2010年、佐藤友哉さんと再婚されました。

2011年、第一子を出産されました。

2011年、「アンダスタンド・メイビー」で第145回直木三十五賞候補になりました。

2015年、「Red」で第21回島清恋愛文学賞を受賞

同年、「夏の裁断」で第153回芥川龍之介賞候補になりました。

2017年、「ナラタージュ」が松本潤さんと有村架純さんの共演で映画化され、話題になりました。

そして2018年、「ファーストラヴ」で第159回直木賞を受賞されます。

島本理生が「あさイチ」に出演! 作品の特徴は?

島本理生さんの作品は、恋愛小説や家族のイメージが強いでしょう。

島本理央さんの生活環境も大きく影響している「リトル・バイ・リトル」は、母親と父親違いの妹・ユウちゃんの3人で暮らしながら、少しずつ前進していくというストーリーでした。

恋愛と食事が密接に関わると考える島本理生さんの作品には、頻繁に食事のシーンが登場します。

明るい気持ちになれる「クローバー」、コンプレックスがある女子が主人公の「よだかの片思い」、恋に翻弄されながらも成長していく「アンダースタンドメイビー」のほか、いろんな恋愛がでてくる短編集「一千一秒の日々」などがあります。

「ナラタージュ」は、松本潤さんと有村架純さん主演で、が映画化もされました。

高校教師と生徒という関係だった2人が、何年も経ってから再会し、禁断の恋に落ちるストーリーです。

島本理生さんの作品は、結婚・出産することで、爽やかな恋愛小説から徐々に描く小説も変わってきます。

Red 」では、家庭を持つ女性にスポットをあてています。

誰だって、母親である前に、1人の女性でもあります。
女性が持っている闇の部分にふれて、欲望と罪悪感のはざまで揺れながら悩む主人公を描いています。

2020年2月には、映画が公開されます。

島本理生が「あさイチ」に出演! 夫・佐藤友哉さんとは?

島本理生さんは2006年、23歳の時に結婚されました。

夫は、同じ作家の佐藤友哉(さとう ゆうや)さんです。

メフィスト賞や三島由紀夫賞などを受賞されている、著名な作家です。

佐藤友哉さんは1980年生まれ、島本理生さんより3歳年上です。

お二人の練れ染めは作家合コンだそうです。

この時、大学生だった島本理生さんは「作家さん達との飲み会」と聞いて、この合コンに参加されたそうです。

そこでお二人は知り合い、意気投合して同棲生活を始め、そして結婚されました。

この結婚生活は長く続かず、1年ちょっとで離婚されますが、2010年に島本理生さんは再元夫の佐藤友哉さんと再婚されます。

この再婚は島本理生さんの方からのアプローチで成功したそうです。

このことに関しては、島本理生さんのエッセイ「B級恋愛グルメのすすめ」に書いてあります。

再婚された翌年の2011年に、出産されました。

島本さんは、佐藤さんの本をほとんど読んでいるそうで、 佐藤さんあまり島本さんの本を読んでいないそうです。

今は、子育てをしながら執筆しており、朝型に切り替えて、限られた時間を有効に活用しているそうです。

島本理生が「あさイチ」に出演! バレンタインにおすすめする本とは?

家族に送りたい一冊は?

「銀河鉄道の夜」

恋人に送りたい一冊は?

二人がここにいる不思議」

友人に送りたい一冊は?

男ともだち」

まとめ:島本理生が「あさイチ」に出演!直木賞作家の経歴・作品・夫とは?

夕陽と読書する少女

ここでは、「あさイチ」に 出演する島本理生さんのプロフィール・経歴・作品・夫である佐藤友哉さんについてまとめました。

2020年2月公開の「Red」が楽しみですね!

おすすめの記事