リビングルーム
リビング

2021年5月19日放送【ZIP】にて、節約アドバイザーの和田由貴さんが、電気代節約術を伝授しました。ここでは、5月19日放送【ZIP】で和田由貴さんが紹介した電気代節約術、炊飯器・冷蔵庫・テレビ・電気便座の節電ポイントや節電アイテムについてまとめました。

【ZIP】電気代節約術!節電するためのポイントは?

節電するためのポイントは、消費電力が高い家電と消費電力が多い家電の節電が重要です。

消費電力が高い家電

電子レンジ・IHクッキングヒーター・エアコン

使うときの消費電力が高い家電です。

熱を発生させる家電です。

消費電力が多い家電

冷蔵庫・テレビ・照明

【ZIP】電気代節約術!炊飯器の節電ポイントは?

炊飯器の節電ポイントは、できるだけ保温を短くするのがポイントです。

冷めたご飯を電子レンジで温めたほうが節電になります。

電子レンジで温めた方が、炊飯器の6時間保温を続けるよりも、年間630円節約できます。

なお、ごはんを冷凍する場合は、丸く平らにするほうが温まりやすく節電になります。

【ZIP】電気代節約術!電気便座の節電ポイントは?

電気便座の節電ポイントは、蓋をしめることが重要になります。

蓋をしめるだけで、年間940円節約できます。

和田さんおすすめなのが、ミニスマートWi-FiプラグHS105 (1760円)です。

ミニスマートWi-FiプラグHS105は、コンセントと電気製品の間に入れて接続する節電アイテムです。

スマートホンにアプリをインストールしてWiFiとつなぎます。

スマートホンから、電源のonとoffが遠隔操作できるのです。

タイマー設定も可能です。

便座は外出時には使わないので、待機電気代が高くなりますよね。

これににより、年間2000円ほど節約できます。

【ZIP】電気代節約術!冷蔵庫の節約ポイントは?

冷蔵庫の節約ポイントは、放熱スペースを空けるのが重要です。

上にものを置いたり、壁と隙間がないと電気代は高くなります。

天井からは5cm~30cm、壁からは5mm~2cmは離してください。

これにより、年間約1220円節電できます。

また、温度調節レバーを、季節に合わせて調節することが重要です。

夏は強、春や秋は中、冬は弱がおすすめです。

これにより、年間1670円節約できますよ。

【ZIP】電気代節約術!テレビの節約ポイントは?

テレビの節約ポイントは、テレビのバックライトの調整が重要です。

バックライトが明るいほど、消費電力が変わります。

ダイナミックからスタンダードに変えるだけで、年間約1730円の節約になります。

まとめ:【ZIP】電気代節約術!炊飯器・冷蔵庫・テレビ・電気便座の節電は?5月19日

ここでは、5月19日放送【ZIP】で和田由貴さんが紹介した電気代節約術、炊飯器・冷蔵庫・テレビ・電気便座の節電ポイントや節電アイテムについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

関連キーワード
おすすめの記事