【セブンルール】渡辺愛香・宮崎ぎょうざ会長の経歴やプロフィールは?屋台骨の特徴やお取り寄せは?
渡辺愛香の宮崎ぎょうざ

2022年10月11日放送【セブンルール】に、「宮崎市ぎょうざ協議会」会長で屋台骨マネージャーの渡辺愛香さんが出演されます。ここでは、 10月11日放送【セブンルール】に出演する、 「宮崎市ぎょうざ協議会」会長で屋台骨マネージャーの渡辺愛香さんのプロフィールや経歴、屋台骨の特徴やお取り寄せについて紹介します。

渡辺愛香・「宮崎市ぎょうざ協議会」会長 の経歴やプロフィールは?

渡辺愛香さんは1981年2月18日生まれであり、宮崎県宮崎市の出身です。

宮崎商業高等学校を卒業されています。

ご結婚されており、2児のお母さんです。

綺麗な方ですね。

引用 https://d4pr1m2su4yu6.cloudfront.net/img/goods/L/MMT-007_b8a8cf2fd87a44cfb12e1b0b9b6b6c01.jpg

父親の立ち上げた餃子の製造会社であるアピールに入社されますが、2016年には父親の体調不良のため、いったん廃業されます。

その後、取引先だった株式会社屋台骨の田中社長から声がかかり、やめる覚悟で餃子部門での再出発を図ったそうです。

2020年上半期に宮崎市の餃子消費量/購入頻度が一位になったことを受け、宮崎市として盛り上げていくべく「ぎょうざ協議会」が設立され、経理の経験を活かしてバランスをとっていくためにも渡辺さんが会長に就任されたそうです。

しかも立候補だったそうです。これは親孝行でもありますね。

餃子屋に生まれ、餃子に人生を支えてもらったという想いが強く、餃子に恩返ししたいと言われています。

その熱意がすごいですね。

渡辺愛香・ 「宮崎市ぎょうざ協議会」会長 の餃子日本一への取り組みや方針は?

宮崎の餃子を新たな観光資源に!をコンセプトに、毎月3日を餃子の日にしたり、宮崎餃子の博覧会を開催したり、餃子の家計調査の結果を報告したりしています。

宮崎を盛り上げるため、宮崎電力株式会社とコラボしたりもされています。これは斬新ですね。

また宮崎餃子の応援ソング「てげうま!!」もあります。

「てげ」は宮崎の方言で、「非常に」や「とても」という意味のようです。

渡辺愛香・ 「宮崎市ぎょうざ協議会」会長 の 屋台骨の餃子の特徴やお取り寄せは?

本質を忘れず、徹底的にこだわりぬくという信念のもと屋台骨の餃子には、厳選した食材を使用しているそうです。

原材料はオール宮崎産で、宮崎産ブランドポークの「まるみ豚」を使用しています。

原材料がすべて宮崎でそろうところや、コスト、食材の新鮮さや安心感もあって宮崎で餃子を良く食べられている理由がわかります。

渡辺愛香さんは新鮮な食材のうまみを最大限に生かした餃子を味わってほしいそうです。

屋台骨のオンラインショップや楽天市場からも購入できるそうです。

宮崎の「てげうま」な餃子を味わってみたいですね!

すっかり餃子が食べたくなってしまいました。

宮崎餃子、本当に美味しそうですね。

まとめ:【セブンルール】 渡辺愛香・宮崎ぎょうざ会長の経歴やプロフィールは?屋台骨の特徴やお取り寄せは?

ここでは、 10月11日放送【セブンルール】に出演する、 「宮崎市ぎょうざ協議会」会長で屋台骨マネージャーの渡辺愛香さんのプロフィールや経歴、屋台骨の特徴やお取り寄せについて紹介しました。

渡辺愛香さんの今後の益々のご活躍を期待します!

関連キーワード
おすすめの記事