カレー
カレー

2021年3月16日放送【あさイチ】で、スパイス料理研究家の一条もんこ先生が、ダブルたまねぎカレーのレシピを公開しました。ここでは、3月16日放送【あさイチ】で、カレーの女王の一条もんこ先生が紹介した、新たまねぎと通年たまねぎを使った、ダブルたまねぎカレーのレシピ(作り方)についてまとめました。

【あさイチ】ダブルたまねぎカレーのレシピ!

材料

新たまねぎ(中): 2個

通年たまねぎ(中): 1個

サラダ油: 大さじ2

カレールー: 70g

おろしにんにく: 大さじ1

水: 800ml

作り方

1.通年たまめぎを幅2~3ミリに、薄くスライスします。(みじん切りにしなくても、火のいれ方しだいで、コクもうま味もでます。)

2.火をつけていないフライパンにたまねぎをのせ、炒める前にサラダ油をかけて、炒める前にたまねぎに油をからませます。

3.全体にたまねぎに油がなじんだら火をつけて、3分待ちます。

4.たまねぎに焦げ目がついたらひっくり返します。これを何回も繰り返し焦がすことにより、うま味と香ばしさがでます。フライドオニオンにすることにより、水分が抜けてタマネギの甘味が引き出されるのです。

5.火をつけて15分後、フライドオノンにおろしにんにくを加えて、1分間ほど炒めます。

6.水を加えて、ルーが溶けやすように刻んで入れて、軽くかき混ぜます。(カレールーが一番溶けやすい温度は65~75℃といわれています。)

7.新たまねぎを厚いくし形切りにして、カレーに加えます。(厚いくし形切りにして、たまねぎの甘味を感じるようにします。)

8.中火(強め)で3分加熱して、完成です!(火を入れ過ぎると食感が失われます。)

ダブルたまねぎカレーに、鶏ひき肉やキャベツやトマトや牛乳をプラスするのもおすすめです!

【あさイチ】一条もんこのプロフィールや経歴は?

一条もんこさんは、1977年12月15日生まれで、日本のスパイス料理研究家です。

カレーの有名店で実践的なカレー調理を学び、年間800食近くカレー食べる生活を送ります。

開発したレシピは、1500食以上です。

2011年に「カレー研究会」を立ち上げ、主宰、年に数回交流をあわせたカレーイベントを実施しています。

2014年にカレー大學、2015年にカレー大學院を首席で卒業、カレー大學講師を務めています。

よこすかのカレー大使を務めながら、 地元である新潟を『カレー県』にする活動を行い、新潟県が後援となり新潟カレー大使に就任しています。

保有資格は、家庭科教員免許・フードコーディネーター・食品衛生責任者・カレーマイスター・野菜ソムリエ。

まとめ:【あさイチ】ダブルたまねぎカレーのレシピ!一条もんこ・カレーの女王直伝!3月16日

ここでは、3月16日放送【あさイチ】で、カレーの女王の一条もんこ先生が紹介した、ダブルたまねぎカレーのレシピ(作り方)についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

関連キーワード
おすすめの記事