ピーナッツ

2020年1月19日放送「ゲンキの時間 」で高血圧予防に、酢ピーナッツの作り方や酢ピーナッツを使用したドレッシングのレシピが取り上げられました。ここでは、高血圧予防に「ゲンキの時間 」で注目した酢ピーナッツが有効な理由、酢ピーナッツの作り方やのレシピを紹介します。

「ゲンキの時間 」「酢ピーナッツ」の効能は?

ピーナッツと殻

2020年1月19日放送の「ゲンキの時間」で、高血圧予防に最適な「酢ピーナッツ」が取り上げられました。

血圧が高い状態が続くと、動脈硬化や脳卒中、脳梗塞などの症状に発展する恐れがあります。高血圧は食生活で改善できるのですが、毎日の食事すべてで血圧対策をするのは大変ですよね。

血圧を下げるためには、毎朝大さじ1杯の酢を飲むだけでもOKです。

血圧は朝起きてから昼にかけて上昇していく傾向にあるので、1日のなかでなるべく朝に摂取するといいでしょう。

飲むのをやめた途端に血圧が上がったというデータもあるので、毎日摂り続けることが大切です。

さらに、ピーナッツと合わせて食べるとより効果が高まります。

血圧とコレステロールを下げて高血圧予防・動脈硬化予防が期待できるお手軽食品として「酢ピーナッツ」を紹介します。

酢とピーナッツにはそれぞれ血圧を下げてくれる成分が含まれているのですが、2つを合わせることでさらなる高血圧予防の効能も期待できます。

酢には、血管を拡張させる「アデノシン」の働きによって、血管を拡張し、血圧を下げてくれる働きがあります。

また、ピーナッツの薄皮には、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」が豊富で、お酢と同様血圧を下げる効果が期待でき、高血圧予防になります。さらに、ピーナッツに含まれる「オレイン酸」悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、動脈硬化予防にもなります。

「ゲンキの時間 」高血圧予防の「酢ピーナッツ」の作り方は?

酢ピーナッツの作り方

材料

ピーナッツ: 200g(薄皮のついている無塩のもの)

酢: 300mL(調味酢は避けてください)

煮沸消毒した保存容器を用意してください。

作り方

1.保存容器に、ピーナッツを酢に漬けて冷蔵庫に入れます。

2.5日したら完成です。

1日10〜20粒の摂取がおすすめです。

※冷蔵保存で1か月以内に食べ切ってください。

料理に取り入れやすい味と食感なので、酢ピーナッツの料理のレシピを覚えれば、すぐにでも血圧上昇を抑える食生活が始められます。

腐敗防止の為ピーナッツがつかるまで酢を入れて下さい。

リンゴ酢を使用するのもおすすめです。

お好みでハチミツを入れると酢のきつさが無くなり食べやすくなります。

次に、酢ピーナッツの料理のレシピの一つを紹介します。

「ゲンキの時間 」高血圧予防!「酢ピーナッツドレッシング」のレシピは?

酢ピーナッツはそのまま食べてもおいしいですが、料理のアレンジにも使えます。

酢ピーナッツを使ったドレッシングのレシピを紹介します。

酢ピーナッツドレッシングの作り方

材料

刻んだ酢ピーナッツ: 30粒程度

めんつゆ(4倍濃縮): 大さじ1/2

マヨネーズ: 大さじ2

砂糖: 小さじ1/2

作り方

刻んだ酢ピーナッツ、めんつゆ、マヨネーズ、砂糖を混ぜれば完成です!

番組では水菜とゴボウのサラダに

かけて食べていました。

お好みの野菜にかけるだけで、酸味の効いた美味しいサラダになります。

番組では、刻んだごぼうと水菜にかけて食感を楽しむサラダにアレンジしていました。

まとめ:「ゲンキの時間 」高血圧予防の酢ピーナッツ!作り方やレシピは?

ベトナムサラダ

2020年1月19日放送「ゲンキの時間 」で注目した酢ピーナッツの効能や作り方・酢ピーナッツのドレッシングのレシピを紹介しました

食べ物で高血圧予防!を簡単にできるのはいいですね。

酢ピーナッツの作り方も簡単なので、ぜひ作ってみてください。

朝食の時に、酢ピーナッツを摂るのが有効ですよ!

おすすめの記事