餃子
餃子

2020年5月10日放送「相葉マナブ」で、宇都宮餃子の店「天馬」のプロの道具を使用して、餃子の作り方が公開されました。ここでは、「相葉マナブ」で紹介された、究極の餃子の皮の作り方・餡の作り方・餃子の包み方など、餃子の作り方についてまとめました。

「相葉マナブ」餃子の皮の作り方?

材料

薄力粉

強力粉

牛乳

白ワイン

作り方

1.ねり鉢に薄力粉、強力粉を7:3の割合で入れて、混ぜます。

2.塩、牛乳、白ワイン、水を混ぜ合わせた調味液を作り、その8割を1.の粉に混ぜて、優しく混ぜ合わせていきます。

3.最初から力を入れてこねると、コシが出すぎて固くなるので、ゆっくり、やさしく水分を吸収させていき、粉が水分を吸ってきたら、力を入れてこねます。

4.できた生地は小分けしてラップに包み、一晩寝かせて熟成させます。

5.一晩寝かせた生地を手で伸ばし、麺棒を使って、薄く伸ばします。

6.天馬独特の方法として、大きな青竹の麺棒を上から押し付けて、更にうすく伸ばします。

7.餃子用の型(現在では非売品)を使って、型抜きをします。

「相葉マナブ」餃子の餡の作り方?

材料

キャベツ

長ネギ

ショウガ

にんにく

にら

豚ひき肉

赤みそ

砂糖

コショウ

オイスターソース

しょう油

企業秘密の調味料①(天馬特製調味料)

企業秘密の調味料②(天馬特製調味料)

作り方

1.キャベツをざく切りにします。

2.キャベツの甘みを出すために下茹でし、粗熱を取って、フードカッターでみじん切りにします。

3.キャベツの水分をしっかり絞ります。

4.長ネギ、ショウガ、にんにく、にらをみじん切りにし、キャベツと混ぜ合わせます。

5.ボウルに、豚ひき肉を入れ、赤みそ、砂糖、塩、コショウ、オイスターソース、しょう油を入れます。

6.更に、天馬さん企業秘密の調味料①、酒、天馬さん企業秘密の調味料②を入れて、よく混ぜ合わせます。

7.4.の野菜と、6.の肉を合わせて混ぜますが、こねすぎると野菜から水分が出るので、優しく混ぜます。

8.混ぜた餡は、一晩寝かせて完成です。(寝かせることで、双方の旨味が混じり、馴染んで、更に美味しくなるのだそうです。)

「相葉マナブ」餃子の包み方?

1.皮を手に持ち、餡をぎりぎりまで入れて、餡の粘着力で包むのがポイントです。

2.外側の皮(手で持った向こう側)でヒダを作ると、きれいに立つ形の餃子になります。

「相葉マナブ」餃子の焼き方?家庭でも美味しく焼ける焼き方!

1.火をつけずに、フライパンに油を引いて、餃子を並べます。

2.ボウルに、中華スープ、水、小麦粉を混ぜて、羽根付け用の調味液を作ります。

3.フライパンを火にかけ、餃子が半分つかる程度の量の羽根付け用調味液を、餃子にまわしかけ、すぐに蓋をします。

4.6分程度、蒸し焼きにします。(蒸し焼きにすることで、皮にスープの味をしみ込ませます)

5.スープが沸騰して来たら、羽根が片寄らないよう、フライパンを回しながら焼きます。

6.焼きあがる直前に、ごま油を回しかけます。

7.焼きあがったら、フライパンにお皿をのせ、ひっくり返して、餃子を更に移したら、完成です。

宇都宮餃子のお取り寄せ!

まとめ:「相葉マナブ」餃子の作り方?宇都宮の天馬の皮作りや包み方?

ここでは、「相葉マナブ」で紹介された、究極の餃子の皮の作り方・餡の作り方・餃子の包み方など、餃子の作り方についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事