アーモンド
アーモンド

2021年2月17日放送「ソレダメ」(以前放送あり)では、アーモンドとショウガが長寿の秘訣となる理由や長寿遺伝子や長寿ホルモンを説明しました。ここでは、「ソレダメ」で紹介された、長寿の秘訣と考えられるアーモンドやショウガの役割、生姜のレシピや保存方法についてまとまました。

「ソレダメ」アーモンドが長寿遺伝子を活性化する?

長寿遺伝子とは、サーチュイン遺伝子です。

サーチュイン遺伝子とは、特別な長寿の人ではなく、誰でも持っている遺伝子です。

普段は活動していないので、起こして活性化させて長寿につなげることができます。

人の一つの細胞が一生で分裂できる回数は、50~70回です。

分裂できなくなると、寿命がやってくるということです。

サーチュイン遺伝子が活性化すると、細胞分裂を抑制し、老化をゆっくりにすることができるのです!

サーチュイン遺伝子を活性化するのに有効なのが、アーモンドです!

アーモンドに含まれるレスベラトロールが、サーチュイン遺伝子を活性化させます。

1日20粒食べるのがおすすめです!

その他、12時間以上の絶食も有効ですよ!

空腹状態が続くと、サーチュイン遺伝子が活性化するのです。

「ソレダメ」生姜が長寿ホルモンを増やす?

人間の体の中には、アディポネクチンといわれる長寿ホルモンがあります。

長寿ホルモンが増えると、健康長寿に効果的といわれています。

アディポネクチンは、血管を拡張し血流をよくし、高血圧など生活習慣を改善します。

生姜は、長寿ホルモンを増やす働きと、減らすのを防ぐ働きがあります。

生姜のショウガオールが体内に入ると、内臓脂肪を刺激して、アディポネクチンが増えます。

生姜の新常識

1.皮をむかないこと。皮と実の間に長寿ホルモン(アディポネクチン)を増やすショウガオールが多いのです。

2.加熱すると、ショウガオールは3倍に増えます。

3.150度を超えるとショウガオールがなくなるため、炒めるより煮る方が有効です。煮ても100度を越えませんが、強火で炒めると150度を越えてしまいます。

「ソレダメ」生姜の炊き込みご飯のレシピ!

材料(4人分)

米: 2合

生姜: 40g

油揚げ: 1枚

薄口醤油: 大さじ2

酒: 大さじ2

和風出汁: 少々

水: 360㏄

作り方

1.炊飯器に米と千切りにした生姜を入れます。

2.さらに油揚げ・薄口しょう油・鮭・和風出汁・水加えて、炊飯すれば完成です!

炊飯器は100℃を超えないので、ショウガオールも増えて効果的です!

その他、生姜のみそ汁もおすすめです!

みそ汁4人前に、1片の半分(7g)をすりおろします。

具材は豆腐がおすすめで、大豆タンパク質も血流を良くするので、豆腐と生姜の組み合わせで、効果がアップします。

「ソレダメ」生姜の保存法は?

13℃~15℃、湿度90%以上の暗い場所で保存してください。

冷蔵庫では冷たすぎるので、生姜の保存にはNGです。

1.キッチンペーパーを濡らします。

2.生姜くるみます。

3.レジ袋に入れます。

4.戸棚の中に入れます。

これで、1か月は生姜を保存できます。

まとめ:「ソレダメ」アーモンドと生姜が長寿の秘訣?長寿遺伝子や長寿ホルモン?

ここでは、「ソレダメ」で紹介された、長寿の秘訣と考えられるアーモンドやショウガの役割、生姜のレシピや保存方法についてまとまました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事