2020年2月27日放送「主治医が見つかる診療所」で、血管若返り食材である佐賀県の名産の野菜、春が旬のアスパラが紹介されました。ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介された 血管若返り食材である佐賀県の名産の野菜、アスパラ料理についてまとめました。

「主治医が見つかる診療所」血管若返り食材!春が旬のアスパラ!

動脈硬化などを防ぎ、血管の若返りが期待できる栄養成分は、アスパラガスの「穂先」に含まれています。

その成分は、「ルチン」、ポリフェノールの一種で血管をやわらかく、しなやかにしてくれます。

ルチンは、紫外線があたることで出来る成分なので、グリーンアスパラの穂先に含まれていますが、ホワイトアスパラには含まれていません。

ただし、ホワイトアスパラの「根元」には「サポニン」という成分が含まれており、サポニンは、腸内でコレステロールの吸収を抑えてくれる作用があるので、血液が健康になり、血管の若返りに繋がるそうです。

また、アスパラには、最近みつかった「アスパラプチン」という成分があります。

このアスパラプチンは、血管を収縮させる酵素の働きを阻害し、血流の改善が期待できることがわかっています。

血管を収縮させる酵素の働きを阻害するのは、高血圧の薬にも使われる働きであり、アスパラプチンにはほぼそれと同じ効果があるのでは?と言われているそうです。

「主治医が見つかる診療所」血管若返り!アスパラの調理法とは!

「ちょっと蒸して食べる」

1.アスパラガスの根元近くの皮をむき、半分に切ります。

2.アスパラを2分程度蒸します。時間は短い方が、色も綺麗です。

ルチンもサポニンも長時間加熱しすぎると効果が失われてきます。また傷ついた血管を修復する働きのあるビタミンCは、水に溶けやすいので、「蒸しアスパラガス」が最適です。

「油と合わせて吸収率をUP」

1.アスパラガスを斜めの薄切りにします。

2.人参も同様に薄切りにし、アスパラと合わせて、かき揚げにします。

ルチンは脂溶性の為、脂と一緒に取ると吸収率が上がります。

更に、レモンをかけて食べると、更にルチンの効果が高まります。

「主治医が見つかる診療所」血管若返り!アスパラの混ぜご飯!

アスパラガスの混ぜご飯

1.アスパラガスを約40秒ほど茹でます。

2.アスパラガスを斜め切りにします。

3.営業がたっぷり入ったアスパラガスのゆで汁でご飯を炊きます。

4.炊きあがったご飯に、最初に茹でたアスパラガスとバターを加えて、10分ほど蒸らし、いりごまをちらして完成です。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」血管若返り!アスパラの混ぜご飯!

アスパラガスは、立てて保存するのが大切です。コップに水を入れて、それに立てて保存するか、水をたっぷり含ませたキッチンペーパーで根元をくるみ、立てて保存するか、にしてくださいね。

ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介された、 血管若返り食材のアスパラ料理のレシピを紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事