ダイエットでゆるくなったパンツ

2020年1月21日放送の「ヒルナンデス」で沖縄食のアンダカシーや骨汁で40キロ減量のダイエットを達成された比嘉直子さんが出演されました。ここでは、「ヒルナンデス」に出演された比嘉直子さんのダイエット法である、アンダカシーや骨汁の沖縄食やダイエット本について紹介します。

「ヒルナンデス」沖縄食でダイエット!比嘉直子さんが40キロ減量達成!

アンダカシー

2020年1月21日放送の「ヒルナンデス」で、3人の美女のマイナス35キロ驚きのダイエット方法が大公開されました。

その中で、注目したいのが、40キロの減量に成功した比嘉直子さんの沖縄食ダイエットです。

ご主人は建設関係の仕事をしていて、結婚後に農業を始めたいと沖縄へ移住しました。

農業を始めたストレスで1日7食生活となり、体重が増加したそうです。

一時は100キロ近くまで体重のあった比嘉さんは、43歳でダイエットを決意しました。

痩せようと思ったきっかけは医者に「10年以内に病気になる」と言われてしまったためです。

低糖質・高タンパクの沖縄食の食事を実践し、1年半かけて40キロの減量に成功しました。

沖縄の食材で痩せたということですが、具体的にどのような食材だったのでしょうか?

ここでは、ヒルナンデスで紹介されたダイエット食材であるアンダカシーや豚骨を使った骨汁を紹介します。

「ヒルナンデス」沖縄食でダイエット!低糖質のアンダカシーとは?

沖縄の伝統菓子で、方言で油かすを意味し、豚の皮を油で揚げたものが「アンダカシー」です。

アンダカシーは、沖縄では、子どものおやつやお酒のおつまみとして人気だそうです。

そんなアンダカシーがダイエットに向いている理由として挙がったのは糖質の少なさです。

アンダカシーは、糖質が少なくでコラーゲンたっぷり、サクサクしていて美味しいそうです。

炭水化物の代わりアンダカシーを代用できます。

例えば、マカロニの代わりにミートソース、チーズを絡めたグラタン風アレンジもできます。

また、うどんやご飯の代わりに鍋の締めにもなります。

水分を吸うとモチモチになり満足感がアップするのも、ダイエット向き食材ですよね。

そんなアンダカシーは通販でも販売されていて、お取り寄せでも購入可能です。

「ヒルナンデス」沖縄食でダイエット!低糖質でコラーゲンの骨汁とは?

豚骨沖縄のスーパーでは普通に売っているそうですが、リーズナブルなので家計にも嬉しい食材です。

比嘉さんはじっくり煮込んだ豚骨に味噌、かつお節、にんにくを入れひと煮立ちさせ、仕上げにレタスを入れる「骨汁」を週に2回、ほかの食事に置き換えて、この沖縄食を食べていたそうです。

沖縄食である骨汁は、豚骨のうま味やだしが溶け出して濃厚な味わい、ミネラル、たんぱく質も入っていて栄養も抜群だそうです。

比嘉さんは、沖縄食のアンダカシーと骨汁で、なんと40kの減量を成功したのです。

「ヒルナンデス」沖縄食でダイエット!比嘉直子さんの本やマンガとは?

沖縄県八重瀬町に住む農家の比嘉直子さんは、自身の経験をもとにダイエットアドバイザーとしても活動されています。

沖縄食で糖質制限され、体重98キロから58キロへと減量した体験を、漫画や、専門医との問答形式などでまとめた本「マンガで卒デブ 40キロやせ」(主婦の友社)を出版しました。

同書は、比嘉さんが子ども3人の妊娠・出産を経て体重が増加した経緯や、糖質中毒から脱出した上で減量を実現し、体重を維持している手法をまとめてあります。

比嘉さんは、減量だけでなく、肥満には多くの疾患や栄養不足が隠れているかもしれないので、同じ悩みを持つ方に聞いてほしいという想いを本に込めています。

まとめ:「ヒルナンデス」沖縄食でダイエット!アンダカシーと骨汁で40キロ減!

骨汁

2020年1月21日放送ヒルナンデス」に出演された比嘉直子さんのダイエット法である、アンダカシーや骨汁の沖縄食やダイエット本について紹介しました。

糖質制限のダイエットをしているとき、小腹がすいても食べるものがないので本当に苦労していました。

そんなときにしったアンダカシーは、おやつや酒のつまみでありながら、低糖質でコラーゲンたっぷりなんて、夢のような食材ですね!

骨汁もボリュームがありながら、こちらも低糖質でコラーゲンたっぷり!

我が家の夕食も変わりそうです。

比嘉直子さんの40キロ減量は本当にすごいですが、ぜひ本やマンガを読んで勉強したいと思います!

おすすめの記事