世界旅行

2020年3月6日放送「ぴったんこカンカン」に、世界的デザイナー高田賢三さんが出演し、美しすぎる豪邸を披露します。ここでは、「ぴったんこカンカン」に出演する、 世界的デザイナー高田賢三のプロフィールや経歴をまとめました。

世界的デザイナー高田賢三が「ぴったんこカンカン」に出演!プロフィールは?

高田 賢三(たかだ けんぞう)プロフィール

生年月日:1939年2月27日

出身:兵庫県

出身小学: 姫路市立野里小学校

出身中学: 姫路市立広嶺中学校

出身高校: 兵庫県立姫路西高等学校卒業後

出身大学: 神戸市外国語大学2部英米学科中退

専門学校: 文化服装学院デザイン科師範科卒業

同級のデザイン科9期生には、コシノジュンコ、松田光弘、金子功、北原明子ら、後のファッション界をリードする人材が揃っており、「花の9期生」と呼ばれました。

卒業後、「三愛」「ミクラ」を経て1960年に第8回装苑賞を受賞。

世界的デザイナー高田賢三が「ぴったんこカンカン」に出演!経歴は?

1965年に渡仏。

「ビューロードスチール」に勤めた後に1970年に独立しました。

フランス、パリ2区のギャルリ・ヴィヴィエンヌ(ギャラリー・ビビエンヌ)で、プレタポルテのブティック「ジャングル・ジャップ」(現ケンゾー)をオープンしました。

また同年に作品が「ELLE」の表紙を飾たりました。

その後同ブランドはパリ・コレクションで注目されるブランド、かつ世界的ファッションブランドの1つに成長しました。

1993年にフランスの有名ブランドメーカー「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」 (LVMH) にブランドを売却し、1999年には一度はデザイナーから退きます。

しかし2003年頃に独立デザイナーとして復帰、2004年にはアテネオリンピックの式典・移動用ユニフォームのデザインを担当(提供は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング)します。

「混ぜるのが好き」という高田賢三さんの作風は、いくつかの異文化のオリジナリティが融合したものです。

高田賢三さんの融合的な作風はフォークロアとしての世界のブランド史、ファッション史で大きな位置を占めます。

まとめ:「ぴったんこカンカン」世界的デザイナー高田賢三の美しいパリの豪邸?経歴は?

ここでは、「ぴったんこカンカン」に出演する、 世界的デザイナー高田賢三のプロフィールや経歴をまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事