駅伝

2020年4月18日放送「炎の体育会TV」で、1000mの陸上で現れるマスクドランナー(マスクマン陸上1000m)は、吉田祐也さんです。ここでは、「炎の体育会TV」のマスクドランナー(マスクマン陸上1000m)が吉田祐也さんである理由や、吉田祐也さんの箱根やマラソンでの活躍や進路についてまとめました。

「炎の体育会TV」マスクドランナー(マスクマン陸上1000m)は吉田祐也?

2020年4月18日放送の「炎の体育会TV」では、マスクドランナーが登場します。

1000m×3本勝負に登場する、マスクドランナーのヒントは以下の通りです。

箱根駅伝優勝

区間新記録で正月の話題を独占!

●最も注目を集めるスターマスクマン

乃木坂46ファンで、生田絵梨花推し

これらのヒントから考えると、青山学院大学出身の吉田祐也選手で間違いないでしょう。

吉田祐也選手は、2020年の箱根駅伝で、4区を区間新記録で走り、青山学院大学の優勝に貢献しました。

また、、初マラソンとなった2020年2月の別府大分毎日マラソンで、日本学生歴代2位の2時間8分30秒をマークし、吉田祐也選手は今最も注目を集めるスター陸上選手となっています。

また、乃木坂46ファンで、生田絵梨花推しであることは公言しています。

ここでは、「炎の体育会TV」のマスクドランナー(マスクマン陸上1000mが吉田祐也さんである理由や、吉田祐也さんの箱根やマラソンでの活躍や進路についてまとめました。

「炎の体育会TV」吉田祐也選手の箱根での活躍は?

2020年箱根駅伝で、青山学院大学の優勝の決め手の一つとなったのが、4区を走った吉田祐也選手(4年)の走りでした。

首位の東洋大と1分21秒差でスタートし、13.7km地点でトップに立ち、1時間30秒の区間新記録をマークしたのです。

区間2位だった東海大の名取燎太選手(3年)に1分以上の差をつける爆走で、東洋大の相澤晃選手(4年)が前回大会で記録したタイムを24秒も更新してみせました。

最近の箱根駅伝の戦術トレンドである「4区重視」が、優勝に大きく関わるということを更に印象づける走りでした。

これまでは「花の2区」という呼称に代表されるように、2区に絶対的なエースが走る区間とされていました。しかし、近年は戦力の均衡が進み、優勝候補校の間では1区であまり差がつかず2区は集団走になるケースが増えました。

すると、先頭と差をつけずに襷リレーをするというしのぐ2区」の考え方が増えてきました。

2区を「しのいだ」結果、4区エース格の選手を置けるかどうか、またその選手がしっかりとエース級の走りができるかどうかが、ポイントになってきたのです。

コース自体も終盤含めコース上に小刻みなアップダウンが何度もある難コースです。

結果、4区のランナーには高い対応力が求められ、2020年の箱根駅伝では、吉田祐也選手が、原監督の読みと期待に応える走りを見せたのでした。

これからの時代は、「花の4区」という流れになっていくのかもしれないとも言われています。

「炎の体育会TV」吉田祐也選手の初マラソンや進路は?

2020年の箱根駅伝4区で区間新記録をマークした吉田祐也選手は、2020年2月の別府大分毎日マラソンで、初マラソンを走りました。

そして、日本学生歴代2位の2時間8分30秒をマークしたのです。

4年生にして悲願の初出場を果たした2020年箱根駅伝の時点では、大学卒業後は競技から離れる意志を固め、大手食品メーカーのブルボンから内定も得ていました。

しかし、箱根駅伝、そして初マラソンとなった別府大分毎日マラソンの快走と、周囲のアドバイスもあり、進路を再考していましたが、その上で、GMOインターネットグループで競技を続けることを決断し、GMOアスリーツに所属することとなりました。

まとめ:長距離のスター・マスクマンは吉田祐也?「炎の体育会TV」4月18日

ここでは、「炎の体育会TV」のマスクドランナー(マスクマン陸上1000m)が吉田祐也さんである理由や、吉田祐也さんの箱根やマラソンでの活躍や進路についてまとめました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事