薬師池公園花菖蒲2023開花状況や見頃は?屋台や駐車場やアクセスは?
薬師池公園花菖蒲

本ページはプロモーションが含まれています

東京都町田市の薬師池公園の花菖蒲について、2023年開花状況や見頃時期、しょうぶあじさいまつり2023の日程や内容、屋台・露店の出店、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、薬師池公園の花菖蒲の2023年開花状況や見頃時期、菖蒲まつり2023の日程や屋台の出店、アクセスや駐車場、魅力や花摘み娘等見どころについて紹介します。

薬師池公園の花菖蒲の2023年開花状況や見頃時期は?

薬師池公園の花菖蒲

薬師池公園の花菖蒲の例年の開花や見頃の時期は、6月初旬から7月初旬にかけて約1か月続きます。

薬師池公園の花菖蒲

見頃の時期に、2000株を超える花菖蒲が一斉に咲き誇る景色は圧巻で、感動しますよ!

もちろん、薬師池公園の花菖蒲の開花状況や見頃は、その年の気候状況により前後します。

薬師池公園の花菖蒲の2022年の開花や見頃は、温暖な気候の影響もあり、早まりました。

2023年5月19日には、菖蒲田では、ところどころ花菖蒲の開花が始まっています。

薬師池公園の花菖蒲の2023年の見頃は、6月上旬~6月中旬になりそうです。

薬師池公園しょうぶあじさいまつり2023の開催日程やイベント内容は?屋台・露店の出店は?

薬師池公園の花菖蒲

薬師池公園では、花菖蒲の見頃の時期には、紫陽花の花が見頃になり、「しょうぶ・あじさいまつり」が開催されます。

薬師池公園の「しょうぶ・あじさいまつり」は、118品種約2万6000株が植栽されている薬師池会場では例年6月10日前後から7月初旬まで行われます。

園内では、撮影した花菖蒲や紫陽花の写真を7月中旬から募集し、後日、町田市のフォトサロンで写真展が開催されます。

しょうぶ娘との撮影会、和太鼓演奏や山野草展、酒まんじゅうなどの地元産品の販売会などが行われます。

2023年は、薬師池公園で、6月1日~6月30日の期間で、「しょうぶ あじさいまつり」が開催される予定です。

肥後系、伊勢系、江戸系など約230品種2200株が植栽されている花菖蒲田では、紫や白、黄、青など色とりどり、形いろいろな花が咲き誇ります。

まつり期間中は、早乙女姿の花摘み娘による花ショウブの手入れ、ガイド、軽食販売などが行れます。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急きょ中止となる場合があるそうです。

入園は無料です。

花しょうぶガイド

まちだ観光案内人が、花しょうぶの楽しい話を来園者と対話形式で行います。

日時:6月4日~19日、9:30~13:30

薬師産花ショウブ苗の出張販売(社会福祉法人ボワ・すみれ福祉会 花の家)

日時:2023年6月5日~9日、10:00~14:00

場所:薬師池花ショウブ田前

しょうぶ・あじさいまつり期間中の屋台・露店の出店

焼きそばやたこ焼き等の屋台の出店もあるそうですよ♪

開催日程:2023年6月1日~30日

開催時間: 10:00~16:00

あじさい公開

42品種、約1000株のガクアジサイ、西洋アジサイなどが咲き誇ります。

※見ごろは6月中旬~下旬です。

◆町田市フォトサロンのお知らせ
○しょうぶ・あじさい写真展作品募集
薬師池公園で撮影したしょうぶ、あじさいの写真を募集します。写真は同サロンで展示します(会期日:8月9日~20日)。
定員:30人(先着順)
費用等:500円
申込み:A4サイズで写真裏面に応募用紙(同サロンHPでダウンロード)を貼り、7月19日午前10時から直接同サロンへ(1人2点まで)。

■えびね苑会場 6月初旬~6月中旬
17品種、約5000株のアジサイが咲き誇るえびね苑を部分開苑します。入苑は無料です。
※えびねの植栽地には入れません。
開苑時間:午前8時30分~午後3時30分(閉門は午後4時)

薬師池公園のアクセスは?

薬師池公園の花菖蒲

所在地:〒195-0063東京都町田市野津田町3270番地

電話:042-724-4399(町田市公園緑地課)注記:お問い合わせは平日のみです。

FAX:050-3161-6269

開園時間:6:00 ~ 18:00(6月から8月までは6:00 ~ 19:00)

休園日:年中無休

アクセス

電車・バスでのアクセス

小田急線町田駅北口下車後、21番乗り場から神奈川中央交通バスの本町田経由鶴川行きか本町田経由野津田行きに30分ほど乗車し、「薬師池」または「薬師が丘」バス停下車、徒歩約5分です。

小田急線玉川学園前駅からは、徒歩で約40分ほどかかります。

車の場合

新宿方面から世田谷通り、鶴川駅を抜け、小野路で18号線(鎌倉街道)を左折して南下すれば薬師池公園に到着します。

薬師池公園の駐車場は?

駐車場

薬師池公園には4つの駐車場があります。

北側の第1、第2駐車場: 収容台数136台 身障者用4台

東第1駐車場: 収容台数152台 身障者用4台

東第2駐車場: 収容台数27台 

西園駐車場: 収容台数126台 身障者用4台

駐車場利用時間: 通常は午前5時から午後10時まで

駐車場利用料金:

普通自動車 準中型自動車 

1時間まで 無料 1時間30分まで 100円 以降30分ごとに 50円を加算 当日1日最大 800円

中型自動車 (乗車定員11人~30人未満) 終日1回あたり 1000円

大型自動車 (乗車定員30人以上) 終日1回あたり 1500円

2020年4月1日から、平日を含め全日有料になりました。

また、大型自動車は、駐車場所の確保等調整のため、事前申請が必要です。

薬師池公園・薬師池の花菖蒲の魅力や見どころは?花摘み娘のコラボレーション?

薬師池公園の花菖蒲

東京都町田市の薬師池公園「日本の歴史公園100選」にも選ばれている町田市を代表する公園で、園内では四季の花々が見られ、また薬師如来が祀られる薬師堂があり、江戸時代の古民家なども移築されています。

薬師池公園の中心部にある薬師池は、江戸期には福王寺池とも称され、野津田の河井家祖先の所有地となり、水田用水池として開拓されました。

薬師池公園は町田市にある都立公園で、1982年には「新東京百景」に、1998年には「新東京指定名勝」に、また2007年には「日本の歴史公園100選」に選ばれました。

面積7700平メートルを誇る園内には、梅や椿、桜を始め、花菖蒲(ハナショウブ)や大賀蓮など、年間を通して四季折々の花が咲き、訪れる人々の心を癒してくれます。

薬師池公園の花菖蒲

花菖蒲の名前の由来は、端午の節句で知られる菖蒲湯で使われる菖蒲に葉っぱが似ていること、きれいな花が咲くことから花菖蒲と呼ばれるようになったそうです。

花菖蒲はアヤメ科のアヤメ属の多年草で、花の色は、青、青紫、紫、白、ピンク、黄色などがあり、原産地は日本及び朝鮮半島から東シベリアにかけての地域です。

薬師池公園の薬師池では、梅雨時期になると、約4,800平メートルの敷地に植えられた175品種・2,200株の花菖蒲が一斉に色鮮やかな花を咲かせ、見頃が長く続きます。

薬師池公園の花菖蒲

薬師池の南側の谷戸部に広がる菖蒲田では、広大なスケールの中、肥後系64種、伊勢系17種、江戸系78種の様々な花菖蒲が植えられています。

雑木林に囲まれた谷戸の景色は情緒があり、水車小屋や炭焼き小屋なども借景になり、花菖蒲とのコラボレーションが見事で