近視
近視

2021年2月26日放送【ZIP】では、視力低下予防の生活習慣、AIグラスやオルソケラトロジーレンズによる視力低下抑制について紹介されました。ここでは、2月26日放送【ZIP】で紹介された、視力低下予防の生活習慣、AIグラス(HoldOn Ai/Glasses)の視力低下を予防する機能、オルソケラトロジーレンズの効果についてまとめました。

【ZIP】生活習慣で視力低下を抑制?

CS眼科クリニックの宇井牧子先生によれば、コロナの自粛の後、目が悪くなったという人が2倍以上になったとのことです。

CS眼科クリニックの宇井牧子先生が、生活習慣で視力低下抑制に常陽なポイントを説明しました。

スマホ等は最低でも、目からの距離を30cm以上はなすことがおすすめです。

20分パソコン作業やスマホを見ていたら、20分秒間6メートル以上のものを見る事により、視力の低下がおさえられるそうです。

肩を回す動きも眼精疲労に効果があるそうです。

親指を近づけたり、遠ざけたりして目の体操も心がけましょう!

【ZIP】AIグラスで視力低下を抑制?

HoldOn Ai/Glasses 1万3200円(税込)

Image
Ai Glasses公式ページより引用

スマートフォンやタブレットなどの電子機器の普及による、子ども向けのウェアラブルデバイス「Ai/Glasses (エーアイグラス)」です。

6軸モーションセンサーで目・首を計測し、マイクロ CPU が Ai 処理を行い、 Bluetooth を通じてスマホに転送され、 専用 APP で目・首の姿勢や習慣のデータを 確認できます。分析されたデータに基づき、 目・首の正しい姿勢や習慣をアドバイスします。

1.姿勢の歪みやスマホ首からこどもを守る。

自分では気づけない姿勢の歪みや、首の角度を測定できる高精度6軸センサーを搭載しています。

姿勢が悪くなると振動ブザーで注意をうながし、正しい姿勢をキープするようにサポートします。

2.テレビと近過ぎた時に画面との距離を守る。

高性能レンジセンサーにより、目と対象物の距離を測定します。

子供がテレビやパソコンの画面に近づき過ぎていないか、Ai/Glassesが振動で注意をうながします。

3.部屋が暗い時に、適切な明るさがわかりる。

広範囲の光を感知するセンサーが、勉強や読書をしているときの光の強さを分析し、最適な部屋の明るさをお知らせします。

4,デジタル端末に、時間のルールも設定可能。

子供がテレビやパソコンなどのデジタル端末を見ている時間を測定し、アプリで設定した時間を超えたときは、メガネの振動で注意をうながします。

5.専用アプリから、日々のレポートをモニター可能。

専用のアプリと連携して、目の習慣をデータ化&分析します。

日々の目の状態がわかるようになることで、近視予防につながる習慣を身につけることができます。

6.ブルーライトカットを使用

パソコンやタブレット端末を使うときに気になるのがブルーライトですよね。

Ai/Glassesの標準レンズには、暗くなり過ぎないほど良いカット率でブルーライトカットが施されています。

【ZIP】オルソケラトロジーレンズで視力低下を抑制?

Orthokeratology=【角膜矯正により視力補正する治療法】という意味のオルソケラトロジーレンズは、角膜の中央部を平坦化させることによって近視を矯正するコンタクトレンズです。

オルソケラトロジー治療は「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトレンズを寝る前に装用して、寝ている間に眼の角膜を矯正する治療方法です。

日中はレンズをつけなくてもよいので、快適な生活が送れます。

オルソケラトロジーは、角膜の形状を変えることから治療の一環として眼科で取扱われており、レンズ使用費用と診療代をあわせて自由診療扱いとなっています。

レンズを就寝中に装着し角膜を平坦化して、翌朝外した時に、目から入る光の屈折率が変わり一定の時間裸眼でもピントが合うよう矯正します。

まとめ:【ZIP】AIグラスで視力低下を抑制?オルソケラトロジーレンズとは?

ここでは、2月26日放送【ZIP】で紹介された、視力低下予防の生活習慣、AIグラス(HoldOn Ai/Glasses)の視力低下を予防する機能、オルソケラトロジーレンズの効果についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事