オフィスチェア
オフィスチェア

2021年5月28日放送【ZIP】で、整形外科医・スポーツドクターの中村格子先生が、ゼロポジションを説明しました。ここでは、5月28日放送【ZIP】で中村格子先生が紹介したディスクチェア快適術、ゼロポジション(ゼロポジ座り)についてまとめました。

【ZIP】ゼロポジションのとり方は?

通常座ると、体の中心ラインより頭が前に出てしまいます。

頭は5~6kgあり、それを首や肩で支えています。

まっすぐ上に頭がのっていると、負担がかかりません。

ゼロポジション

・からだの負担がゼロ

・骨格のゆがみがゼロ

ゼロポジション1

骨盤をまっすぐに立たせる。

お尻の下に手を入れると座骨があるのがわかります。

座骨に、左右均等に体重がかかると骨盤が経っている状態です。

ゼロポジション2

椅子の高さを調整します。

通常は、股関節の曲がりが90度になります。

ゼロポジションでは、胴体と太ももの角度を110度にします。

高さの調整ができない場合は、椅子にタオルなどを敷いてみてください。

まとめ:【ZIP】ゼロポジションのとり方は?ディスクチェアの快適術や正しい姿勢は?5月28日

ここでは、5月28日放送【ZIP】で中村格子先生が紹介したディスクチェア快適術、ゼロポジション(ゼロポジ座り)についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事