焼き芋

2020年5月24日放送「Backstage(バックステージ)」で、焼き芋移動販売店「阿佐美や」のいも子さん(村田洋子さん)が、自宅できる美味しい焼き芋の焼き方を教えてくれました。ここでは、いも子さんの自美味しい焼き芋の焼き方や「冷凍焼き芋」と「生のさつまいも」のお取り寄せについてまとめました。

「阿佐美や」のいも子さんが「バックステージ」に再登場!現在は?

埼玉県戸田市を拠点とする「阿佐美や」は、移動販売の焼き芋屋さんです。

焼き芋移動販売店「阿佐美や」を営む“いも子さん”こと村田洋子さん

週3回軽トラやリヤカーで出店し、月に100万円を売上げることもある“焼き芋界のカリスマ”です。

「通常なら4月の終わりから5月までは焼き芋を販売していますが、コロナの影響で4月の頭には移動販売をやめてしまいました」と、いも子さんは話しています。

現在は「冷凍焼き芋」「生のさつまいも」インターネット販売で、新たにドライブスルー販売も始めたそうです。

ここでは、いも子さんの自美味しい焼き芋の焼き方や「冷凍焼き芋」と「生のさつまいも」のお取り寄せについてまとめました。

焼き芋店「阿佐美や」の人気の秘密は?

「阿佐美や」は出店するとすぐに行列ができ、週3日営業ながら、多い時には月の売上100万円以上を叩き出すカリスマ店です。

人気の秘密は何でしょうか。

いも子さんの「阿佐美や」は、無農薬や減農薬の芋を厳選して取り寄せています。

買いにきてくれるお客さんが子連れの方が多いため、小さい子どもの体を考えて、できるだけ農薬の少ないものをとのいも子さんのこだわりです。

「阿佐美や」では、焼き上がってほしい1時間半前くらいに火をつけ、石が温まったらお芋をのせていきます、

並べ方にもこだわりがあり、よく焼くためには石に接地させることが大事で、お芋を石に接地させつつ、沢山の数が焼けるよう綺麗に敷き詰めていきます。

「阿佐美や」の焼き芋は、70℃で1時間焼くとお芋の甘さを最大限引き出せるとのことです。

「阿佐美や」には、紅あずま・紅はるか・金時芋・安納芋の4種類の焼き芋があるので、好みの焼き芋を選ぶことができます。

また、阿佐美やの“いも子さん”こと村田さんに会いたくて来店するお客さんも多いです。

焼き芋の販売のほか、芋ほり体験教室や開業講座を開くなど、幅広く活動し、その様子をSNSなどで知った人たちが、いも子さんに会いにくるのです。

焼き芋店「阿佐美や」の冷凍焼き芋と生のさつまいものお取り寄せは?

いも子さんは、冷凍焼き芋と生のさつまいものネット販売を始めました。

いも子さんは、梱包を子供と一緒に行っています。

特製のいも子ちゃんケースがかわいいです。

直筆のメッセージも届きます。

こちらからご購入可能です!

阿佐美や 通販ショップ

いも子さんが伝授する自宅できる美味しい焼き芋の焼き方は?

1.さつまいもをオーブントースター170℃~180℃で、45分~1時間焼きます。

ポイントは、アルミホイルで包まないのがポイントです!

1時間かけて焼くと、酵素が働いて美味しくなります。

まとめ:「バックステージ」いも子さんのさつまいもと冷凍焼き芋のネット販売?自宅での焼き方?

ここでは、いも子さんの自美味しい焼き芋の焼き方や「冷凍焼き芋」と「生のさつまいも」のお取り寄せについてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事