ゴミ

2020年2月28日放送「グッとラック」にて、「アウト×デラックス」に続き、女優の藤田朋子さんがゴミを小さくする方法を説明しました。 ゴミを小さくすることに特化したインスタも話題!ここでは、「グッドラック」 で取り上げた、藤田朋子さんがゴミを小さくする方法やインスタを紹介します。

「グットラック」藤田朋子のゴミを小さくする方法!「アウトデラックス」に続き技を披露?

2020年2月28日放送「グッとラック」にて、2020年2月13日放送の「アウト×デラックス」に続いて、女優の藤田朋子さんがゴミを小さくする方法を紹介しました。

藤田朋子さんはゴミの捨て方に異常なほどに執着し、いかに小さくするかにこだわっています。

箱、カップ麺の容器などをとにかく切り刻んで5分の1程度までに圧縮します。

藤田朋子さんのゴミ出しへのこだわりは“なるべく平らにする”と、いたってシンプルです。

しかし、立体のゴミは解体して折りたたむか踏んで平面にして重ね、仕切りのあるプラトレーはハサミで切り離した上で重ねられるものは重ねていく、潰せない大きな箱や容器は中にもゴミを詰める、はては、カップ状容器の丸められた端部分も手で広げて平らに直す徹底ぶりです。 

とにかくかさばるゴミがどんどん小さくなります。

実際にゴミを小さくする方法を、藤田朋子さんが実践しました。

ハサミは直角にいれ、同じ形のものを重ね合わせ、厚みを抑えます。

空き箱は、山折りを谷折りにしたり、大きなもビニール袋で小さな袋を包んだり、マヨネーズのチューブにゴミを入れたり、様々な工夫がされています。

ゴミは約3分の1になり、エコにもなり節約にもなります

藤田朋子さんは、ゴミを小さくする快感はやってみないとわからないと語ります。

「グットラック」藤田朋子のゴミを小さくする方法! インスタのフォロワーは20人から3500人以上に?

藤田はゴミ処理専用のインスタグラムアカウントを持っており、『アウト×デラックス』収録時にフォロワーは20人と告白しました。

しかし放送後、反響を呼び、フォロワーは3500人を超えています。

SNS上では、「やるやる、重ねる、詰めるw」「細かく切るまではやらないけど、分かる!」「資源になるんだから、こういうの大事だよね」と、共感や賛同の声が続々です。

まとめ:「グットラック」藤田朋子のゴミを小さくする方法!インスタも話題?

ここでは、「グッとラック」 で取り上げた、藤田朋子さんがゴミを小さくする方法やインスタを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事