餃子
餃子

2020年4月28日放送「林修の今でしょ!講座」で、餃子を美味しくする裏ワザを、伊沢拓司さんが教授しました。ここでは、「林修の今でしょ」で伊沢拓司さんが教授した、ジューシな餃子を、簡単に美味しくする裏ワザについてまとめました。

「林修の今でしょ」餃子を美味しくする裏ワザ!フライパンにつかない為に入れるとよい調味料は?

餃子を焼くときに、フライパンにくっついてしまい、せっかくの餃子がボロボロに。。。ということありますよね?

なぜ餃子がフライパンにくっつくか、というと、餃子のでんぷんが糊状になってしまい、これがフライパンにくっつくのです。

それを避けるために、焼きあがりにかけるとフライパンにくっつかなくなる調味料は??

答えは「お酢」です。

餃子が焼きあがったら、上から大さじ2~3杯の酢をかけると、フライパンをふっただけで皮が剥がれました!

焼きそばや焼うどんなど、食材とフライパンがくっついてしまうときには、この裏ワザが使えます。

ぜひ、ご家庭でも試してみてください!

「林修の今でしょ」餃子を美味しくする裏ワザ!肉汁をアップする餡にいれる食材は?

肉汁を餡に閉じ込めて、ジューシーな餃子に仕上げるために、餡に入れるとよい食材は???

正解は「油揚げ」です。

5mmほどに細かく切った油揚げを、餡に混ぜるだけです。

油揚げを餡に混ぜることによって、油揚げが肉汁を吸い込んでくれます。

油揚げの裏側を見ると、スポンジ状になっていますよね?この部分に、肉汁をホールドしてくれ、閉じ込めてくれるのです。

ハンバーグにも油揚げを使うと、同様に肉汁が閉じ込められ、ジューシーなハンバーグに仕上がります!

「林修の今でしょ」餃子を美味しくする裏ワザ!

餃子にいれるキャベツは、冷水で洗うとシャキシャキ感が持続して、美味しい餃子になりますので、家庭で作る際にも、キャベツはぜひ冷水で洗いましょう!

また、簡単に「羽付き餃子をつくる」ために使うべき調味料は??

正解は「粉チーズ」です!

50~60℃のお湯80mlに大さじ3杯分の粉チーズを混ぜたら、その粉チーズ入りのお湯を、餃子にかけて焼くだけです。

これで、簡単で立派な羽根つき餃子が出来ます。

小麦粉に比べ、粉チーズにはタンパク質が多く含まれているため、タンパク質やアミノ酸と糖が結合してきつね色の焦げができるというメイラード反応が起き、結果として、羽根つき餃子が簡単にできるのです!

「林修の今でしょ」餃子を美味しくする裏ワザ!伊沢拓司が教授!

ここでは、「林修の今でしょ」で伊沢拓司さんが教授した、ジューシな餃子を、簡単、美味しくする裏ワザについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事