頭痛

2020年2月20日放送の日本人の3割しか知らないこと「ハナタカ」で、頭痛の原因や頭痛に効果のある食べ物や応急処置法など紹介されます。ここでは、「ハナタカ」でトピックとなる、 頭痛の原因や頭痛に効果のある食べ物や応急処置法などについてまとめました。

「ハナタカ」頭痛の原因や治し方!頭痛はどうして起きるの?

頭痛の女性

主な頭痛には、片頭痛と緊張型頭痛の2つがあります。

頭痛の原因はいくつかありますが、どれかというのは特定はされておらず、はっきりとした原因は解明されていないようです。

何らかの理由で脳の視床下部が刺激されることで、顔の感覚を脳に伝える三叉神経に炎症が起こったり、脳の血管が急激に拡張したりすることで、独特の脈打つような痛みが生じるという説もあります。

片頭痛は、脳神経の中で最も大きい三叉神経(主に顔面や頭部の感覚をつかさどる)が関与していたり、脳内物質のセロトニンが何らかのきっかけで増減するのに伴い、脳血管が収縮・拡張して起こるケースもあるようです。

周辺の神経が刺激されることで起こります。

また、睡眠不足、台風が近づくなど気圧や天気の変化、特定の食品の摂取(後述)が原因になることもあります。

筋肉のこわばりが原因となって頭痛が起こる緊張型頭痛は、老若男女を問わず多く見られます。

長時間のデスクワーク、目の酷使、精神的ストレスが原因になりやすく、俗にパソコン頭痛・スマホ頭痛とも。長時間同じ姿勢でいると首や肩周りの筋肉が緊張して筋肉内の血行が悪くなり、さらに筋肉がこわばって緊張型頭痛が起こりやすくなります。

今回の「ハナタカ」では、頭痛体質かどうかのチェック方法が紹介されました。

うなじの真ん中の少し上を押さえて、押されていたくない人は大丈夫です。

「ハナタカ」頭痛の原因や治し方!頭痛のときに食べると良いものとは?

食事で頭痛を緩和する場合、胃腸を温める方法と、体内の余計な水分を取り除く方法があります。

胃腸を温める効果としては、トウガラシ、サンショウ、コショウなどの辛味の香辛料や、フェンネル、カルダモン、シナモンなどのスパイスになどが考えられます。

体内の余計な水分を取り除く効果としては、マグネシウムやビタミンB2が豊富な食材であるダイズ、アズキ、ソラマメなどの豆類や海藻類、タマネギなどがあります。

2018年8月2日の「ハナタカ」では、 池袋大谷クリニックの大谷先生が、アイスクリーム頭痛を和らげるにはお茶など熱いものをとるといいと説明されました。

大谷先生によると、冷たいものがノドを通るときに三叉神経を刺激し頭痛が生じ、のどを温めると神経への刺激を防ぎ頭の痛みが軽減されるそうです。

「ハナタカ」では、コーヒーをすすめていました。

コーヒーのカフェインが効果があり、冷たくて少し微糖の缶コーヒーが良いようです。

「ハナタカ」頭痛の原因や治し方! 頭痛を軽減させる方法とは?

緊張性頭痛が起きたときは、背筋を温めると効果的です。

仕事や勉強で長時間座りっぱなしな人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかりましょう。

ときどき背筋を伸ばすなどのストレッチをして、筋肉をほぐすなどしてださい。

また、心身のストレスを解消するためにゆっくりとお風呂に浸かったり、首や肩をマッサージするのもいいでしょう。

片頭痛の場合は、血管を広げる入浴や運動、マッサージは厳禁です。

痛む部分を冷やして、静かな部屋で横になって休みましょう。

ハナタカでは、こめかみを押し、痛むところを冷やすのをすすめていました。

光や音に敏感になっているので、なるべく暗く静かな場所で休んでくささい。

血管収縮作用のあるカフェイン(コーヒー、緑茶)を適量とってください。

頭痛の応急処置をするときはどうやって温めてどうやって冷やすのが正しい?

緊張型頭痛の症状が出ているときは、肩や首・頭の付け根などを温めましょう。

ホットタオルを置いたり、ゆっくりお風呂に入ったりするといいでしょう。筋肉をゆるめ、血行を改善すると痛みが和らぎやすくなります。

片頭痛の場合は、こめかみを冷やすことも効果的です。

「ハナタカ」では、冷やすところは頸動脈のあたりもすすめていました。

まとめ:「ハナタカ」頭痛の原因や治し方!効果のある食べ物や応急処置法は?

女性のストレッチ

ここでは、「ハナタカ」でトピックとなる、 頭痛の原因や頭痛に効果のある食べ物や応急処置法などについてまとめました。

ぜひ参考にしみててください!

おすすめの記事