本みりん

2020年2月27日放送”くりーむしちゅー「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館で、本みりんの効果やみりん風調味料との違いが紹介されます。ここでは、「ハナタカ」で紹介された、 本みりんの効果やみりん風調味料との違いをまとめました。

「ハナタカ」本みりんの効果とは?みりん風調味料の違いは?

2020年2月27日放送”くりーむしちゅー「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館で、本みりんの効果やみりん風調味料との違いが紹介されます。

本みりんとみりん風調味料の違いは?

本みりんを料理に使うとどんな効果がある?

本みりんを使うと食材に味が染み込みやすくなる!?

ここでは、「ハナタカ」で紹介された、 本みりんの効果やみりん風調味料との違いをまとめました。

本みりんの「ハナタカ」! みりん風調味料のとの違いは?

アルコールが入っているかどうか、が違いです。

「本みりん」の原料は、蒸したもち米、米麹、焼酎もしくはアルコールです。

「本みりん」はもち米・米麹・アルコールを長期間じっくり熟成して作られるのに対し、「みりん風調味料」はブドウ糖や水あめなどの糖類・米・米麹・うまみ調味料・香料などを短時間で調合し作られます。

「本みりん」は14%前後のアルコールが含まれています。

それに対して「みりん風調味料」はアルコールをほとんど含まず、アルコール度数は1%未満です。

本みりんの「ハナタカ」! 本みりんの効果は?

本みりんはブドウ糖やオリゴ糖などの多種類の糖で構成されています。そのため、ショ糖でできている砂糖に比べてまろやかな甘みが出ます。

本みりんは、食材の表面に「テリ」と「ツヤ」をつけるのに有効な複数の糖類を含んでいます。この糖類が素材の表面に皮膜をつくり、料理にテリとツヤを与え、おいしさを保ってくれます。

本みりんの「糖類」と「アルコール」が煮崩れを防いでくれます

糖類とアルコールの効果で、肉や魚などは筋繊維がくずれるのを防ぎ、野菜はでんぷん粒の流出を防ぐと同時に、食材の旨み成分を外に逃がさない効果もあるそうです。

もち米から生まれる「アミノ酸」や「ペプチド」などの旨み成分や糖類などの成分によって、料理に深いコクと旨みを与えてくれます

本みりんは、食材の臭みを消す働きもあります

熱が加わると、食材にしみ込んだ本みりんのアルコールが蒸発します。

その時に、肉や魚の臭みも一緒に蒸発していくことで、食材の臭みを消してくれます。

本みりんの「ハナタカ」! 食材に味が染み込みやすくなる?

本みりんに含まれるアルコールの効果によって、旨み成分が素早く浸透し、料理の味付けが速く均一に仕上がります。

アルコールは分子が小さいため、アミノ酸や糖類などが浸透しやすくなるようです。

まとめ:「ハナタカ」本みりんの効果とは?みりん風調味料の違いは?

ここでは、「ハナタカ」で紹介された、 本みりんの効果やみりん風調味料との違いをまとめました。

以上、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事