右近由美子のプロフィールや経歴は?おにぎり屋ぼんごの特長やメニューや場所は?
おにぎり

2022年9月6日放送【情熱大陸】では、おにぎり屋【ぼんご】の店主・右近由美子さんが出演します。ここでは、 9月6日放送【情熱大陸】に出演する、右近由美子さんのプロフィールや経歴、おにぎり屋ぼんごの特長やメニュー、場所やアクセス等について紹介します。

おにぎり屋ぼんご店主・右近由美子さんのプロフィールや経歴は?

右近由美子さんは、1952年6月25日、新潟県新潟市で生まれです。

現在70歳ということです。

実際の年齢より若々しくてとってもチャーミングな女性です。

厳格な父のもと、高校卒業後には新潟市内の燃料会社に就職されましたが、二十歳の時に上京され、上野の喫茶店で働きはじめられます。

上京された当時から食べ物が口に合わず、悩んでおられたところ、友人の勧めもあって訪れたおにぎり屋さんが「新潟県産コシヒカリ」を使っていたこともあり、口に合ったそうです。

そのおにぎり屋さんこそが「ぼんご」であり、1960年創業です。当時の店主が右近 由美子さんのご主人、右近 佑(うこん・たすく)さんでした。佑さんは由美子さんと27歳違いで、ご主人は2012年に亡くなっています。

その時からずっとお店を守っておられるわけで、非常に実直な方なんですね。

現在はおにぎりアンバサダーもつとめておられます。

右近由美子さんのおにぎり屋ぼんごの特長やメニューの決め方は?

まずおにぎり屋さんから感じられるのは、カウンターのあるお寿司屋さんのような雰囲気です。

「米とオカズ」がコンセプトになっているので、お店の方が言われるには、オカズを一緒に食べているような感覚になってほしいそうです。米2に対し、オカズ1の割合で一番上にはオカズが何かわかるようになっているそうです。

たっぷりの具もいいですね。

おにぎりは口の中でホロっとほどけるぐらいに柔らかく握ってあるのが特長のようです。

おにぎりの中でも最高に美味しい感じがしますね。米が多すぎたり、硬すぎたりするものとは若干違う感じがします。

ちなみに、ぼんごのおにぎりは下からいただいた方がきれいに食べられるそうです。なるほど。

おにぎりを1個作るのに30秒もかからない速さのようです。

出来立てで温かく、米の美味しさとオカズをパリっとした海苔と一緒に味わうのは最高ですね。

おにぎりにすごくこだわっておられるのがすごく伝わってきます。ますます食べたくなりました。

メニューは、現在56種類あるそうですが、ペペロンチーノなど若干クセが強そうなものもあります。

一部商品は除きますがメニューはすべて250円だそうです。とてもリーズナブルですね。

50円追加し、具が2種類楽しめるトッピングなどもやっておられるそうで、メニューは無限大です。

どのメニューもお客さんを喜ばせたい一心で増えてきたそうで、減らす予定はないそうです。

お味噌汁も併せて、味わってみたくなりました。

行列のできるおむすび屋さんですが、並んででも買いたくなる理由がわかりました。/

右近由美子さんのおにぎり屋ぼんごの営業時間や場所は?アクセスや駐車場は?

ぼんごは2022年9月10日(土)に現店舗を一度閉店されるそうです。

そしてちょうど1か月後の2022年10月10日(月祝)に移転オープンされるようです。

新住所は、東京都豊島区北大塚2丁目27-5の1Fになります。

専用の駐車場はないようなので、公共交通機関でいらしてください。

JR山手線大塚駅北口から徒歩約2分です。

改装される前と大きく変わっていないようです。

新店舗となると、場所が離れてしまうイメージもありますが、お店の方の優しさも感じられますね。

営業時間は11:30~23:00だそうです。

なお日曜日はお休みのようです。

約1か月は寂しいですが、カウンターの雰囲気も残されるみたいなので、新装開店を待ちましょう!

まとめ:右近由美子のプロフィールや経歴は?おにぎり屋ぼんごの特長やメニューや場所は?

ここでは、 9月6日放送【情熱大陸】に出演する、右近由美子さんのプロフィールや経歴、おにぎり屋ぼんごの特長やメニュー、場所やアクセス等について紹介しました。

多くのお客さん達から深く愛されているお店【ぼんご】にぜひ訪れてみてください!

関連キーワード
おすすめの記事