観光農園花ひろばひまわり2023見頃時期や開花状況は?アクセスや駐車場は?
観光農園花ひろばのひまわり

本ページはプロモーションが含まれています

愛知県知多半島南端の観光農園花ひろばについて、2023年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場、見どころ、花摘み体験やメロン狩り等気になりますよね。ここでは、観光農園花ひろばのひまわりの2023年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場、魅力や見どころ、花摘み体験やメロン狩りについて紹介します。

観光農園花ひろばのひまわりの2023年見頃時期や開花状況は?

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばのひまわりの例年の見頃は、6月中旬頃~11月下旬頃です。

観光農園花ひろばで長期間ひまわりが咲く理由は、時期をずらして12回の種まきが行われ、長い期間にわたってひまわりが花をつけるように工夫されていいます。

場所をずらして、12回種まきを行うことで、11月まで、累計280万本ものひまわりが花をつけ、常時14万本のひまわりを楽しむ事ができます。

観光農園花ひろばのひまわり

南知多町の温暖な気候を生かして咲くひまわりの光景は圧巻です。

観光農園花ひろばのひまわりは、2023年7月4日現在ひまわりが咲いています。

黒いひまわりも咲いているようですよ!

観光農園花ひろばのひまわりの2023年見頃や開花は、例年と同様6月中旬頃~11月下旬頃になるでしょう。

冬の前まで、ひまわりが楽しめるとは、贅沢ですよね!

夏には、7月頃から見頃になる「ケイトウ」「百日草」「コキア」などの花も楽しめます。

観光農園花ひろばの入園料やアクセスは?

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園 花ひろば

所在地: 愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48

電話番号: 0569-65-2432

営業時間: 8:00~17:00

料金: 大人800円、小学生400円、未就学児無料

車でのアクセス

南知多道路最終料金所から南下、分岐を右・師崎方面へ、信号「馬道」を右折、案内看板があります。 

豊丘ICで降りて約5分ほどで観光農園 花ひろばへ到着可能です。

バスでのアクセス

公共の交通機関で行かれる場合は、河和駅で降りて南知多町が運営している「海っ子バス」に乗り換える必要があります。

河和駅から海っ子バス「師崎港行」で「プラスチック団地・花ひろば前」下車・徒歩20分です。

海っ子バスの料金: 南知多町内:160円 南知多町外:300円 

観光農園花ひろばの駐車場は?

駐車場: あり

料金  無料

主要台数 100台

観光農園花ひろばのひまわり畑の魅力や見どころは?花摘み体験やメロン狩りも?

観光農園花ひろばのひまわり

愛知県の知多半島南端にある「観光農園 花ひろば」は、アミューズメント施設が充実しているわけではないですが、広大な農地の中に、様々な色彩の花が敷き詰められています。

春の菜の花やネモフィラ、アジサイ、夏のひまわり、ポピーやコスモスなどさまざまな花の栽培が行われています。

その中でも、観光農園 花ひろばのひまわり畑は日本最大級の規模を誇り、11月末まで常時14万本のひまわりが咲きそろい、長い期間黄色の絨毯を楽しむことができます。

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばの丘の斜面にひまわりが咲き誇り、映画やテレビの撮影でも、よく使われる、人気の撮影スポットでもあります。

ひまわり畑をより楽しむには、高い位置から眺められる見晴らし台がおすすめです。

一面に広がるひまわり畑は、圧巻の美しさです。

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばでは、園内はペットの入場も可能です。

子供やペット、ポートレートを撮影をされる方も多く、黄色のひまわりを背景として、きれいな記念写真を撮ることができます。

美しい風景の撮影には、スマホでも、広角・マクロレンズを装着すると、スマホだけより、もっともっと映える写真が撮れるんです♪

花にぐいっと近づいて迫力ある写真を撮ったり、広がりのある風景写真を撮ったり。。。

スマホに簡単早着するだけで、1段レベルアップした写真を撮れること間違いなし♪

軽量・手のひらサイズで、2000円台と、お財布にも優しい価格!

スマホにも、ダブレットにも簡単早着可能ですよー。

\今すぐスマホレンズをGETして、簡単・手軽に今より最高の写真を撮る/