太陽と四葉のクローバー

2020年1月スタートTBS「病室で念仏を唱えないでください」に出演されている唐田えりかさんが話題です。唐田えりかさんの経歴や出演作など気になりますよね。ここでは、「病室で念仏」に出演している唐田えりかさんの経歴やドラマ・映画の出演作や韓国での活躍を紹介しています。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!ドラマの内容は?

病室

主人公は、伊藤英明さん演じる松本照円(まつもとしょうえん)で、僧侶と救命救急医師を兼任して病院で働いています。

子供の頃から坊主頭がトレードマークで、「一休」や「和尚」と呼ばれていました。

僧侶になったきっかけは、小5の時に釣りに誘った幼なじみの宮寺哉(みやでらはじめ)が川で溺れているところを助けられず、亡くなってしまったことから、高校卒業後に仏門に入りました。

その後、宮寺哉の母親がガンで亡くなり、大学の医学部へ進学して、救命救急医となります。

病院の救命救急センターでは、僧侶として霊安室での枕経や終末期の患者の心のケアを行っています。

「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結の医療ヒューマンドラマです。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!役柄は?

唐田えりかさんは、松本(伊藤英明)たちの医師のサポートをする病棟クラークで、病棟内の人気者の小山みゆきを演じています。

病棟クラークとは、医師や看護師が患者のケアに専念できるように、入院書類を受け取りや病室の手配、ネームプレートの準備など、陰でサポートする仕事をします。

明るく美人なため、病棟内の人気者でモテます。

これまでもモテてきたため、自分を異性として意識することなく接する女っ気のない僧侶である松本照円(伊藤英明)が気になり、何かと松本に親切に融通をきかせます。

病棟クラークのため、チャプレンとして働く松本と接することが多いです。

唐田エリカさん演じる小山内みゆきと伊藤英明さん演じる松本照円の今後も見逃せませんね。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!プロフィールは?

唐田えりかは1997年9月19日生まれ、千葉県出身のファッションモデル兼女優です。

2014年の春、高校2年生の時にアルバイト先のマザー牧場にて現在の所属事務所「フラーム」のマネージャーによってスカウトされ芸能界入り。

唐田えりかさんのプロフィールは以下の通りです。

生年月日:1997年9月19日

出身地:千葉県君津市

血液型:A型

身長:167cm

趣味:音楽・映画鑑賞、喫茶店巡り

特技:書道、フィルムカメラ

職業:女優、ファッションモデル

事務所:フラーム・BHエンターテインメント(韓国)

有村架純さんも所属する事務所「フラーム」に所属しています。

また、唐田えりかさんは、2017年からは、イ・ビョンホンも所属する韓国の事務所「BHエンターテインメント」にも所属していいます。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!モデルとしての活動は?

唐田えりかさんには、3歳と2歳年上の2人のお姉さんがいて、そのお姉さんの影響を受け、小さな頃からファッション雑誌を読まれていたそうです。

そのため小さなころから、モデルになりたいと思っていたようです。

2014年からファッションモデルとして活動されていて、2017年、そして2018年には、東京ガールズコレクションに出演されています。

今では、ファッション雑誌『MORE』で、専属モデルとして活躍されています。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!女優としての経歴や出演作は?

唐田えりかさんは、高校生の頃にアルバイトとして、マザー牧場で働いていたそうです。

そこに、偶然、今の事務所のマネージャーが、ご家族でマザー牧場に訪れた時にスカウトされ、フラームに所属することになったそうです。

女優デビューは2015年7月にフジテレビで放送された福士蒼汰主演の月9ドラマ『恋仲』。唐田えりかさんは第1話のゲストとして出演し、白石くるみ役を演じました。

2015年フジテレビ「恋仲」で主人公(福士蒼汰)らが通う学園のマドンナを演じドラマデビューしました。

また同年ソニー損保・イメージキャラクターとしてCMに初出演し、注目を集めました。

ドラマ出演は2015年TBS「表参道高校合唱部」、フジテレビ「超限定能力」、2016年テレビ東京「こえ恋」、2017年フジテレビ「貴族探偵」、NHK「ブランケット・キャッツ」、2018年日本テレビ「トドメの接吻」、TBS「この世界の片隅に」など。

映画出演は、2018年「ラブ×ドック」「寝ても覚めても」「覚悟はいいかそこの女子。」など。2016年にはback number「ハッピーエンド」のMVに起用されました。

2019年、黒木華主演のドラマ『凪のお暇』に出演で、唐田えりかさんは一気に話題になりました。

劇中、大阪から東京に転勤してきた優秀な営業社員で、高橋一生演じる我聞慎二が「圧倒的に顔が可愛い」とつぶやいてしまう“完璧女子”市川円役を演じました。

初登場シーンはわずか数十秒ほどの短さでしたが、その清涼感あふれる容姿がネットで話題に。物語のキーパーソンにふさわしい、抜群の存在感でした。

実は、彼女は昨年公開の映画『寝ても覚めても』のヒロイン・朝子役で「第71回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットを踏み、一躍脚光を浴びました。

唐田えりかがドラマ「病室で念仏」で話題!韓国での経歴や出演作は?

唐田えりかさんは、高校に通いつつボイストレーニングや演技のレッスンをされ、2014年9月に韓国のアイドルグループである、少女時代の「DIVINE(Story ver.)」という曲のミュージックビデオに出演して、芸能活動を開始しました。

9月7日より韓国で放送再開したドラマ『アスダル年代記 Part.3』(Netflixで12話まで配信中)に、唐田えりかが新キャラクターとして加わったのだ。それも日本では見せたことがないクールビューティーなキャラクターを演じています。

そもそも唐田えりかさんは、日本での活動と並行して韓国でも活動を展開してきましたた。

2017年に出演した韓国LG電子のスマートフォン『V30』のテレビCMで、「広末涼子に続く清純派女優」として一躍注目を集め、10月には俳優イ・ビョンホン、キム・ゴウン、ハン・ヒョジュなどが所属する韓国の芸能プロダクション・BHエンターテインメントと韓国国内におけるマネージメント契約を締結しました。

韓国では唐田えりかさんのほかにも多くの日本人女優が活動していますが、まだ韓国作品デビューもしていない日本人女優が韓国の有名プロダクションと契約すること自体異例でした。

そんな彼女が韓国ドラマ初出演作となったのが『アスダル年代記』です。

“韓国版ゲーム・オブ・スローンズ”と言われる『アスダル年代記』は、人気ドラマ『太陽の末裔』で知られるソン・ジュンギをはじめ、チャン・ドンゴン、キム・ジウォンなどの豪華キャスト陣と、540億ウォン(約54億円)の制作費を投入した超大作です。

俳優ソン・ジュンギ扮する主人公ウンソムに命を助けられ、彼の助力者となる部族の首長戦士・カラカ役を唐田えりかが熱演していますが、放送直後、彼女の名前が韓国最大のポータルサイト「NAVER」のリアルタイム検索語ランキング1位になるほど、大きな反響を呼びました

まとめ:唐田えりかのプロフィールや経歴や出演作は?「病室で念仏」

2020年1月スタートTBS「病室で念仏を唱えないでください」に出演されている唐田えりかさんの経歴やドラマ・映画の出演作や韓国での活躍を紹介しました。

唐田えりかさんは、「凪のお暇」の時もそうでしたが、画面に少し登場しただけで印象に残る素晴らしい女優だと思います。

2020年はますます活動の幅を広げられるでしょう!

おすすめの記事