アスパラガス

2020年4月20日放送「ノンストップ」で、出張料理人の岸本恵理子さんがアスパラガスの料理法を紹介しました。ここでは、「ノンストップ」で紹介された、岸本恵理子さんのアスパラガスの料理法についてまとめました。

「ノンストップ」アスパラガスの下準備!

甘味が強いアスパラガスを根本まで食べるのがおすすめです。

岸本恵理子さんあ、ネギカッターを使うことをすすめていました。

硬くなった根元の皮の所少し斜めにネギカッターの刃を当てて、切込みを入れます。

皮の繊維が断ち切られます。

ネギカッターがない場合は、洗った後に根本5~6cmのところに、2mm程度切込みを入れます。

グリーンアスパラの下ゆで

フライパンで湯を沸騰させて、塩(水量の5%)を入れます。

穂先は出して、根元から湯に入れていき10秒後全体を投入します。

色が鮮やかになったら、フォークや竹串でさし、スッと入ったらOKです!

細いものは1分、太いものは3分程度でざるに上げ、余熱で火を通します。

茹で上がったら、粗熱を氷水でとります。

ホワイトアスパラの下茹で

大きめのフライパンなどに水、塩(水量の5%)、下処理でむいた皮、ホワイトアスパラを入れ、火にかけます。

沸いたら弱火にし、串がすっと通るくらいまで7~10分ゆでたら火を止め、そのままゆで汁の中で冷ます。

鮮度が落ちている場合はレモン1/2個を搾り、搾った後のレモンも一緒にゆでると、きれいに白くゆであがります。

「ノンストップ」アスパラガスの長持ち保存法は?

アスパラガスを長持ちさせる保存方法は、「縦」に保存することです。

ラップを巻くとさらによいそうです。

横に置くと穂先が上に起き上がろうとエネルギーを使うので、栄養やうま味が損なわれることもあります。

アスパラガスの冷凍方法

1.硬めにゆでて水気を切ります。

2.食べやすい大きさにカットします。

3.保存袋などに平らに入れて冷凍します。

ポイントは、アルミやステンレスのバットを使うとより早く凍ります。

氷の結晶を小さくし、食感キープします。

「ノンストップ」アスパラガスの料理レシピ!岸本恵理子シェフ伝授!

グリーンアスパラガスビスマルク風のレシピは、こちらをご覧ください!

アスパラの春巻きのレシピは、こちらをご覧ください!

まとめ:「ノンストップ」アスパラガスの料理法!岸本恵理子シェフ伝授!

ここでは、「ノンストップ」で紹介された、岸本恵理子さんのアスパラガスの料理法についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事