ヒマラヤ塩

2020年2月9日放送「林先生の初耳学」ロバート馬場さんが、これがあればOKという4タイプのおすすめの塩とおすすめの3種のフレーバーソルトを取り上げました。ここでは、「林先生の初耳学」 で馬場さんがおすすめする、基本の4タイプの塩と3種類のフレーバーソルトを紹介します。

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩!4タイプの塩とフレーバーソルト?

塩

芸人NO.1の料理の腕前をもつロバートの馬場裕之さんが、“塩フリーク”として、「林先生の初耳学」に登場します! 

いま日本で入手可能な約2000種類の塩の中から、たった4つ揃えるだけでどんな料理も100倍美味しくなるという“ピンポイント塩”を教えてくれます。

馬場さん曰く、塩は、粒の大小、しょっぱさで4種類に分類することができ、それぞれに合う食材があるのだそうです。

この4タイプの塩を常備しておけば、どんな料理にもあう塩をチョイスできるそうです。

ここでは、この4タイプの塩の中でも馬場さんが特におすすめする塩を紹介しました。

また、近年充実されたラインナップを誇るフレーバーソルトを使うことで、手抜き料理でも一気に格上げされるそうです。

そんなフレーバーソルトの中でも、特におすすめの3種を紹介しました。

ここでは、「林先生の初耳学」 で馬場さんがおすすめする、基本の4タイプの塩と3種類のフレーバーソルトを紹介します。

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! 揚げ物には「知床の塩 極み

知床の塩 極み(北海道) 550円+税

特徴

一般的な塩よりも粒が小さく、しょっぱいです。

海洋深層水100%で作られているので、天ぷらに深みをあたえます。個性的で、天ぷらがひきたちます。

酸味や苦みのもととなるミネラルが通常よりも豊富です。

オンラインショップから購入可能です=> https://siretoko.stores.jp/items/5979a0cbb1b6191d0d000c35

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! ステーキに合うのは「パハール岩塩」!

パハール岩塩(パキスタン)

特徴

普通の塩よりも粒が大きめで、しょっぱさが強いです。

塩の味が脂っこさを消します。

岩塩のピンクは、鉄分です。鉄分由来の酸味が肉の脂身を引き締め、より美味しく感じることができます

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! 鯛の刺身に合うのは「玉藻塩」!

玉藻塩(たまおしお) 

特徴

普通の塩よりも粒が大きく、しょっぱさが弱い

海水と海藻を煮詰めて作っているで、磯の香りと力強いうま味が特徴です。

昆布しめしたような深みががります。

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! おにぎりに合うのは「塩二郎」

塩二郎(高知)

特徴

普通の塩よりも粒がちいさく、しょっぱさが弱いです。

米の甘味を引き出し、相性もばっちりです。

大人気の塩で、月に一度の販売には行列です。

山からの栄養分を豊富に含んだ浅瀬の海水を使用しています。

完全天日塩が特徴で、最低3か月、長ければ2年の月日をかけて、ミネラルが壊れにくく、うま味のつまった塩に熟成させます。

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! 「ソルトファクトリー麻辣ソルト」!

ソルトファクトリー麻辣ソルト(カルディ) 140円+税

特徴

唐辛子、生姜、花椒などが配合された塩すです。

肉料理やチャーハンに合いますが、馬場さんのおすすめは冷奴にかけて麻婆風冷奴だそうです。

オンラインショップからご購入可能です=> https://kaldi-online.com/item/4515996914782.html

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! 「ドレッシングソルト」!

ドレッシングソルト」(まーすやー塩屋 麻布十番店)553円+税

特徴

バジルチップ・セロリシードなど8種のスパイス・ハーブをブレンドしています。

そのままサラダのドレッシングとして使えますが、馬場さんのおすすめは、マヨネーズに混ぜるだけで作れるタルタルソースで、エビフライなどのフライとの相性が抜群だそうです。

オンラインショップからご購入可能です=> http://www.shop-ma-suya.jp/

「初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩! 「マキシマム」!

マキシマム」(中村食肉) 

特徴

玉ねぎ、 ナツメグ、カツオエキスが配合され濃厚な味わいの塩です。

お湯に溶くだけでスープになるほど濃厚です。

馬場さんのおすすめはポークソテー、スパイスが効いているのでソテーがワンランク上の味わいになるそうです。

まとめ:「林先生の初耳学」ロバート馬場のおすすめの塩!フレーバーソルトは?

塩の粒

ここでは、「林先生の初耳学」 で馬場さんがおすすめする、基本の4タイプの塩と3種類のフレーバーソルトを紹介しました。

ぜひ奥の深い、塩の世界を楽しんでください!

おすすめの記事