ヘアメイク

2020年2月23日「BACKSTAGE(バックステージ)」に、話題のヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんが出演します。ここでは「BACKSTAGE(バックステージ)」に出演する、話題のヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんのプロフィール・経歴・活動などをまとめました。

ヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんが「バックステージ」に出演!ヘアメイクの舞台裏?

2020年2月23日放送「BACKSTAGE(バックステージ)」に、話題のヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんが出演します。

「BACKSTAGE(バックステージ)」で は、女優のりょうや渡辺直美などの有名人にヘアメイクを施し、大物アーティストが手掛ける広告、ミュージックビデオ、CDジャケット、映画などを支えてきた、冨沢ノボルさんに密着しています。

この道一筋28年、今や日本を代表するヘアメイクアーティストで、 冨沢ノボルさんの作品の世界観を引き立てるヘアメイクの舞台裏を紹介します。

冨沢ノボルさんは、ファッションデザイナーの山本寛斎さん、写真家のレスリー・キーさん、写真家で映画監督の蜷川実花さんといった、国内はもとより世界で活躍するアーティスト達から絶大な信頼を得ています。

番組では、ガーリー系ストリートブランドの付録付きブックの撮影がでてきます。

クライアントからのイメージにあわせて、22歳のモデルを、メイクで“かわいいけどちょっと毒の効いた16歳の少女”に変える様子が放映されるようです。

モデルと交わす会話の中から表情を観察し、カメラに写る姿を想像しながらメイクの方向性を決めていくようですが、果たしてメイクの仕上がりはどうなるのでしょうか?

また、群馬県生まれの 冨沢ノボルさんが、ヘアメイクの世界に入ったきっかけや、東京で10年間活動した後、ニューヨークに渡り、世界の高い壁と悪戦苦闘する日々の中で掴んだチャンスなど、人生のターニングポイントを掘り下げてインタビューされるようです。

ここでは「BACKSTAGE(バックステージ)」に出演する、話題のヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんのプロフィール・経歴・活動などをまとめました。

ヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんが「バックステージ」に出演! プロフィールは?

名前:冨沢 ノボル(とみざわ のぼる)

本名:冨澤 升(とみざわ のぼる)

年齢:52歳

生年月日:1967年3月31日

出身地:群馬県桐生市

最終学歴:東京マックス美容専門学校卒業

職業:ヘアメイクアーティスト、ビューティーディレクター、メイクアップアーティスト

所属事務所:キューブ マネージメントオフィス

座右の銘:「ネバーギブアップ」

好きな食べ物:寿司

好きな飲み物:シャンパン

趣味:DJ

1992年、フリーランスのヘアメイクとして活動開始後、ニューヨークでの経験を経て、ファッション雑誌、広告、TVCM、CDジャケット、PV、コレクション、映画、舞台などのヘアメイクのディレクション、メイクデザインなどで活躍しています。

ブレイクのきっかけとなったのが、あの沢尻エリカ主演の映画ヘルタースケルターです。

ヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんが「バックステージ」に出演! 経歴は?

1989年 : 冨沢さんは、東京マックス美容専門学校卒業後は美容師として活動されていましたが、「自分がしたいのはデイリーのヘアケアでなく一瞬のファンタジーの創造だ」と思い美容師を辞めて河野ミツル氏に師事することになりました。

河野ミツル氏のまわりに集まってくるのは超一流のクリエーターばかりで刺激的な日々を過ごします。

1992年 :フリーランスのヘアメイクとして活動開始します。

1995年 :ニューヨークに渡米します。

1998年 :帰国後、ファッション雑誌、広告、TVCM、CDジャケット、PV、コレクションのヘアメイク、DJとして活動します。

2012年 : 公開された映画『ヘルタースケルター』で注目を浴びました。また私生活では結婚されていて、娘さんもいらっしゃいます。

女優のりょうさん、渡辺直美さんなどをヘアメイクし、一流アーティストが手掛けるミュージックビデオやCDジャケット、CMなどの作品を支えます。

雑誌やテレビCM、CD、映画など、関わった作品やアーティストは多数あります。

まとめ:冨沢ノボル「バックステージ」出演!話題のヘアメイクアーティスト!

ここでは「BACKSTAGE(バックステージ)」に出演する、話題のヘアメイクアーティストの冨沢ノボルさんのプロフィール・経歴・活動などをまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事