タイ料理

2020年2月26日放送「世界くらべてみたら」で、世界の「ご飯のお供-1グランプリ」が発表されます。第1位は何でしょうか?ここでは、「世界くらべてみたら」で 発表された「ご飯のお供-1グランプリ」 のお供を紹介します。

「世界くらべてみたら」世界のご飯のお供グランプリは?韓国から「タコの塩辛」!

タコの塩辛

唐辛子・ニンニクなどが入った約三にタコを漬けこみ熟成させたものです。

お酒にも合いそうですね。甘味もありますが、ピり辛です!

食感も最高です。

スタジオでも、旨い!と大絶賛です。

「世界くらべてみたら」世界のご飯のお供グランプリは? タイから「ナムプリック」!

ナムプリック

ニンニク・赤タマネギ・干しエビ。唐辛子などをすりつぶしたものがが入っています。

タイのご飯のふりかけです。

そのままでも美味しいですが、ナンプラーと合わせてもいいですね。

かなり辛いですが、クセになりそうです。

「世界くらべてみたら」世界のご飯のお供グランプリは? 台湾から「ラーウェイロウジャン」!

ラーウェイロウジャン

豚肉を醤油・味噌・唐辛子などの香辛料と一緒に煮詰めたのものです。

缶詰一つでルーロー販の味が食べることができます。

ご飯との相性もピッタリで濃厚です。

缶詰とは思えないほどの質の高さです。

「世界くらべてみたら」世界のご飯のお供グランプリは? フランスから「マッシュルームソース」!

マッシュルームソース

ソテーしたマッシュルームに生クリーム・チキンブイヨン・白ワインを加えクリーミーなソースに仕上げたもの。

ソースは美味しいですが、ご飯との相性はもう一つかも。。。

パンとの相性はいいのですが。。

けっこうブルーチーズの味が強いみたいです。

まとめ:「世界くらべてみたら」ご飯のお供のグランプリは?

ここでは、「世界くらべてみたら」で 発表された「ご飯のお供-1グランプリ」 のお供を紹介します。

どのお供も美味しそうですね!

おすすめの記事