野球

2020年3月14日放送「炎の体育会TV」に、横浜DeNAベイスターズが記録更新狙って挑戦します。ラミレス監督が挑戦との話も?ここでは、「炎の体育会TV」で挑戦する100秒チャレンジで、横浜DeNAベイスターズが記録更新なるか?及びラミレス監督の挑戦?などをまとめました。

横浜DeNAベイスターズ 「炎の体育会TV」が100秒チャレンジに挑戦!

人気企画「プロ野球対抗100秒チャレンジ」に、昨シーズンリーグ2位に輝いたラミレス監督率いる横浜DeNAベイスターズが参戦します。

100秒間で内野のセーフティーエリアに設置された20枚の的を打ち抜き、挑戦する3選手の合計枚数を競うこの競技。

これまで、東京ヤクルトスワローズや広島東洋カープなど5球団が挑戦しており、現在の球団最高記録は球界最強スラッガーの山川穂高選手率いる埼玉西武ライオンズの50枚です。

今回はチームの威信をかけて、2017年首位打者の宮﨑敏郎選手や、満塁時の打率5割を誇る大和選手、イケメン選手として話題の神里和毅選手が挑戦します。

さらに、アレックス・ラミレス監督も登場し、3人に発破をかけます。

最初の打席を託された神里選手に、ラミレス監督は「18、19枚いけば、開幕センター1番確定だ!」衝撃のスタメン抜擢宣言です。

神里選手は、プロ野球選手人気ランキングでは堂々の1位!そして人気ファッション誌Safariでは、3ページの特集という、今、女性人気No.1の選手です。

さらに大和選手には「18枚以上で、2番を考える」宮崎選手には「パーフェクト間違いなし!」各選手にプレッシャーを与えまくる超本気モードです!

さらに、選手たちのチャレンジを見て、いてもたってもいられなくなったラミレス監督がまさかの緊急参戦! 

全球団で初の監督自らの100秒チャレンジが実現する。2年ぶりに振るバットを手にして「必ず日本一になって見せる!全員応援してくれ!」と、挑戦を終えた3選手にもプレッシャーをかけます。

果たして、横浜DeNAベイスターズは球団最高記録を更新できるでしょうか?

「炎の体育会TV」横浜DeNAベイスターズが記録更新?

埼玉西武ライオンズの50枚の成績を抜くには、一人平均17枚の成績が必要です。

アレックス・ラミレス監督に衝撃の開幕スタメン抜擢宣言をされたトップバッター、神里選手の成績は、16枚でした。

2番手に指名された大和選手の成績は、14枚でした。

ここまでの合計は30枚。

埼玉西武ライオンズの50枚 を抜くには、宮崎選手がパーフェクト(20枚)するしかない!

パーフェクトを目指す宮崎選手の成績は、19枚!惜しくもパーフェクトならず。

4番手になんと、ラミレス監督参戦します。

記録は、12枚でした。

横浜DeNAベイスターズの最終記録は、合計49枚で、 埼玉西武ライオンズが優勝でした。

まとめ:「炎の体育会TV」横浜DeNAベイスターズが記録更新?ラミレス監督挑戦?

ここでは、「炎の体育会TV」で挑戦する100秒チャレンジで、横浜DeNAベイスターズが記録更新なるか?及びラミレス監督の挑戦?などをまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事