卓球

2020年3月14日放送「炎の体育会TV」に登場する、卓球のマスクマン(マスクドピンポン)は吉村真晴(よしむらまはる)選手だと思われます。ここでは、「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン) の吉村真晴選手のプロフィール・経歴・石川佳純選手とのミックスダブルスについてまとめました。

「炎の体育会TV」卓球のマスクマン(マスクドピンポン)は吉村真晴?

2020年3月14日放送「炎の体育会TV」に、卓球のマスクマン(マスクドピンポン)が登場します。

マスクドピンポンの、ヒントは以下のポイントです。

世界選手権で金メダルを獲得

既婚者(マスクマン画像に結婚指輪がある為)

高身長

右利きのシェイクハンド

卓球で、世界選手権金メダルを獲得している男子代表はかなり限られます。

シングルスでは暫く世界選手権の金メダリストはいません。

吉村真晴選手は、2017年の世界選手権で石川佳純さんと組んだ混合で金メダルを獲得しています。

最近では、 吉村真晴選手と石川佳純選手以外に、世界選手権で金メダルを獲得した選手はいません。

吉村真晴選手は、世界選手権で金メダルを獲得し、177cmの高身長、2016年9月に結婚されていることもあり、マスクマンの条件にも当てはまります。

更なるヒントは、 「リオ五輪銀メダル」「弟もイケメン卓球選手」「肉好きでインスタに、肉肉肉」

今回の卓球のマスクマン(マスクドピンポン)は、吉村真晴さんと思われます

最初に対戦するのは、全国No1.の小学生、渡部民人君。ハンデは、半分の大きさの卓球台です。

渡部民人君、大善戦!惜しくも敗れましたが、さすが全国No.1小学生です。

続いての挑戦者は、関東No.1中学生、野川春華さん。ハンデは、4分の1の卓球台です。

わずかな差でマスクマンが勝ちましたが、 超接戦でした!

ここでは、「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン) の吉村真晴選手のプロフィール・経歴・石川佳純選手とのミックスダブルスについてまとめました。

「炎の体育会TV」卓球のマスクマン(マスクドピンポン)吉村真晴選手のプロフィールは?

生年月日: 1993年 8月3日

出 身 地: 茨城東海村

身 長:177㎝

体 重: 63㎏

出 身 校: 愛知工業大学 卒業

血 液 型: AB

好きなアーティスト: Goose house, ONE OK ROCK

好きな食べ物: 焼肉

好きな言葉: 人間力

世界ランキング: 52位(2020年1月)過去最高:15位

吉村真晴選手の母親はフィリピン共和国出身です。

名前の「真晴(まはる)」は、タガログ語で『愛する』という意味だそうです。

卓球は、父親が元卓球選手で地元東海村のジュニア卓球のチームでコーチをされていたため、幼少期から厳しく卓球を教わっていたそうです。

兄弟で卓球をしており『吉村三兄弟』と言われる有名兄弟です。

長男・真晴

次男・和弘

三男・友斗

「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン)吉村真晴選手の戦績は?

2011年ジャパントップ12卓球大会 男子シングルス 準優勝

2011年世界ジュニア卓球選手権大会 男子シングルス 3位/男子ダブルス 3位

2011年全国高等学校総合体育大会 卓球・男子シングルス 3位/男子ダブルス 優勝

2011年アジアジュニア卓球選手権大会  男子シングルス 優勝/男子ダブルス 準優勝

2012年全日本卓球選手権大会 男子シングルス 優勝

2015年ワールドツアー スペインオープン 男子シングルス 優勝

2015年世界選手権個人戦 混合ダブルス 準優勝

2015年ワールドツアー クロアチアオープン 男子シングルス 優勝

2015年ワールドツアー ジャパンオープン 男子シングルス 準優勝

2016年リオデジャネイロ五輪 男子チーム 準優勝

2017年ジャパントップ12 シングル 準優勝

2017年世界卓球選手権ドイツ大会 複合ダブルス 優勝/男子ダブルス3位

2019年世界卓球選手権ハンガリー大会 複合ダブルス 準優勝

父が元卓球選手という環境で育ち小学1年生から卓球を始めました。

全日本卓球選手権大会カブ(小学4年生以下)の部優勝、ホープス(小学6年生以下)の部準優勝と輝かしい成績をおさめています。

大学2年の9月に、海を渡りドイツ・ブンデスリーグに挑戦します。

日本の環境と異なり、プロ意識が高い環境の中、ハングリー精神の多い世界トップの選手と共に生活を送りました。

レベルの高い技術や、異なった考え方を身に付け、3月に日本に帰国します。

その後日本で活動し、2015年スペインオープンにて自身初となるワールドツアー優勝しました。

2015年に、世界卓球ミックスダブルスにて、日本で38年ぶりの銀メダルを獲得しました。

そして、2017年の 世界卓球ミックスダブルスで快挙を達成するのです。

「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン)吉村真晴選手が石川佳純選手と快挙達成!

「世界卓球2017ドイツ」で、混合ダブルス決勝が行われ、吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)/石川佳純選手(全農)組が陳建安/鄭怡静(台湾)組を4-3で下し優勝し、悲願の金メダルに輝きました。

混合ダブルスとしては1969年ミュンヘン大会の長谷川信彦/今野安子組以来、48年ぶりの栄冠です。

試合は決勝戦にふさわしくまさに死闘でした。

第1ゲーム、第2ゲームを連取されるも、第3ゲームを11-8と取り返します。

ここからはお互い一進一退の攻防を繰り広げ、第4ゲームは先にゲームポイントを奪うも逆転され10-12で落とします。

後がなくなった吉村/石川組はここから怒涛の追い上げを見せ第5ゲームを11-4、第6ゲームを11-9と奪い返し、フルゲームまで持ち込むと最終ゲームは5連続ポイントで流れをつかみ、11-5で4-3として奇跡の大逆転勝利でした。

勝利が決まった瞬間、二人は両手を高く上げ、互いに抱き合い歓喜を表現した。

2019年の世界選手権では、 吉村真晴選手と石川佳純選手は混合ダブルスに挑戦し、2連覇はならなかったものの、大会直前での急遽のエントリーから3大会連続の決勝進出を果たしました。

15年大会「銀」、17年大会「金」と合わせて3大会連続の表彰台という快挙です!

「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン)吉村真晴選手のお嫁さんは?

吉村真晴選手のお嫁さんの飯田美佳さんは、元々専修大学で卓球の選手をしており、卓球を通じて、吉村真晴さんと出会ったそうです。

吉村真晴選手が結婚したのは2016年9月1日です。

まとめ:卓球マスクマンは吉村真晴?「炎の体育会TV」マスクドピンポン正体!

ここでは、「炎の体育会TV」 卓球のマスクマン(マスクドピンポン) の吉村真晴選手のプロフィール・経歴・石川佳純選手とのミックスダブルスについてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事