悪態まつり2022の日程や場所は?歴史やアクセスや駐車場は?
悪態まつり

茨城県笠間市の奇祭、悪態まつりが2022年12月に開催予定ですが、日程や場所、歴史や特徴、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、悪態まつり2022の開催日程や場所、歴史や特徴、アクセスや駐車場について紹介します。

悪態まつり2022の開催日程や場所は?

日本三大奇祭のひとつ悪態まつりが開催されます。

悪態まつり2022の開催日程についてお知らせします。

悪態まつり2022の開催日程・時間や場所

【開催日程】

2022年12月18日(日)

【場所】

茨城県笠間市泉101

飯綱神社、愛宕神社

2022は、関係者による神事のみ実施され、一般の参加はできませんのでご注意ください。

悪態まつり2022の歴史や特徴は?

悪態まつりの歴史は古く、江戸時代中期から愛宕山に伝わるお祭りです。

日本三大奇祭の一つとして知られており、怨霊や疫病を退治する悪退祭が元になった説や領主が住民の日頃の不平や不満を悪態の中から探ろうとした説など様々な説があるお祭りとなっています。

愛宕山には昔から天狗達が住んでいたという伝説があり、天狗にまつわる場所もたくさんあります。

通称白垣と呼ばれる長い階段の途中を少し入った磐の上には、天狗の修行の地と言われる石尊もあります。

愛宕神社には天狗のお面が祀られています。

悪態まつりと天狗には深い関係があります。

十三の天狗役の氏子が、白装束に烏帽子姿で麓から愛宕神社までの約4キロを無言で頂上を目指します。

天狗役の氏子のお面は、本格的で迫力があり、白装束は神聖で厳かです。

その間参拝者は、天狗に「早くしろ!」「バカヤロー!」など様々な悪態をつきます。

16か所の祠それぞれに天狗がお供物をし、神官が拝み終えると同時に参拝客が我先にとお供物を奪い合い、罵声をあびせ合います。

お供物を持ち帰ると、「無病息災」「家内安全」「五穀豊穣」のご利益があり、悪口をもって相手を言い負かすと幸運をもたらすと言われています。

少し変わったお祭りですが、参加している参拝者は皆さんは笑顔でお祭りに参加しています。

個人的な名称、名前を出しての誹謗中傷は禁止されており、大きな声を出してストレス発散という意味でもいいお祭りですね。

一年の鬱憤を言葉に出すことで、スッキリできるという特典付きですね。

最後には境内で、お菓子、お餅などが天狗役の氏子から配られ、参拝者は袋などを広げ受け取ります。

大人から子供まで参加でき、楽しめるアットホームな感じのお祭りです。

2022年は、残念ながら関係者による神事のみが実施されます。

お供物を奪い合うという悪態まつりの醍醐味は密になっていしまうため、一般の参拝者の参加はできないようです。

江戸時代から続いている伝統的なお祭りですので、新型コロナウイルス感染症が落ち着いたときには、ぜひ復活してもらいたいですね。

悪態まつり2022のアクセスや駐車場は?

悪態まつり2022のアクセスをみていきましょう。

【アクセス】

・電車

JR常磐線「岩間駅」から車で約10分

・車

常磐自動車道「岩間」ICより約10分

【駐車場】

100台あり

まとめ:悪態まつり2022の日程・時間や場所は?歴史やアクセスや駐車場は?

ここでは、悪態まつり2022の開催日程・時間や場所、歴史や特徴、アクセスや駐車場について紹介しました。

ちょっと変わった奇祭、悪態まつりにぜひ参加してみてください!

関連キーワード
おすすめの記事