イチゴ狩り
イチゴ狩り

2021年3月8日放送【あさイチ】や4月8日放送【めざましテレビ】で、栃木県のいちご研究所が生み出した、新品種「とちあいか」が紹介されました。ここでは、3月8日放送【あさイチ】や4月8日放送【めざまし】で紹介された、切ったらハートになる、いちごの新品種「とちあいか」の特徴やお取り寄せについてまとめました。

【あさイチ】イチゴの新品種「とちあいか」の特徴は?

「とちあいか」は、「栃木県農業試験場いちご研究所」で、2018年11月に栃木県が開発したイチゴの新品種です。

とちあいかの名前には「木のされる実になってほしい」との願いが込められているそうです。

「とちあいか」の味は、「とちおとめ」と同程度の甘さをもちながら、とちおとめより酸味が少ないことが特徴です。

甘みが強く、みずみずしい食感です。

粒の大きさは、とちおとめとスカイベリーの中間程度です。

そして話題になってるのが、イチゴを縦にカットすると、その断面がハート形になっていることです。

【あさイチ】「とちあいか」の購入方法は?お取り寄せは?

栃木県内の「農産物直売所」や「道の駅」で販売されており、栃木ではスーパーでも販売されているようです。

まとめ:イチゴ「とちあいか」(栃木)の特徴やお取り寄せは?【めざまし】【あさイチ】

ここでは、3月8日放送【あさイチ】で紹介された、いちごの、新品種「とちあいか」の特徴やお取り寄せについてまとめました。

ぜひ参考にしてください!

関連キーワード
おすすめの記事