リンゴと本

2020年2月29日放送「激レアさん」に、僧侶の英月(えいげつ)さん(本名:佐竹英里子)が出演します。英月さん(佐竹さん)は、35回連続でお見合いを断り続けたそうです。ここでは、「激レアさん」 に出演した英月(えいげつ)さん(住職)のプロフィール・経歴などをまとめました。

「激レアさん」英月(えいげつ)僧侶が35回連続でお見合いを断り続けた?

2020年2月29日放送「激レアさん」に、僧侶の英月(えいげつ)さんが出演します。

激レアさん1★ 親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけど、ぜんぶ断り続けた人として登場するのが、 英月(えいげつ)さんです。

25回断るために様々な作戦を立てそうですが、どのようなストーリーがあったのでしょうか?

ここでは、「激レアさん」 に出演した英月(えいげつ)さん(僧侶)のプロフィール・経歴などをまとめました。

英月さん(僧侶)が「激レアさん」に出演!プロフィールは?

法名:  英月(えいげつ)

生年:  1971年

出身地:  京都府京都市

血液型:  A型

最終学歴:  大阪青山短期大学卒業

職業:  『真宗佛光寺派・大行寺』の8代目住職

1971年、英月さんは、京都市内にある真宗佛光寺派・大行寺の長女として生まれました。

幼い頃から僧侶として働く父親を見て育ちましたが、お寺を継ぐ気はなく、また弟もいたので、普通の生活を過ごします。

大阪青山短期大学時代には、KBS京都テレビでお天気お姉さんを務め、大学卒業後は大和銀行(現・りそな)本店信託部に入行しました。

英月さん(僧侶)が「激レアさん」に出演! 35回お見合いを断った経緯は?

京都市出身の真宗佛光寺派長谷山北之院住職の英月さん。

お坊さんとお見合いをされ続けたのも、ご両親が住職だった背景があります。

英月さんは20歳ごろからお見合いをされていて、お寺に生まれ育った以上はお寺に嫁ぐのが幸せと、ご両親は考えられていたようです。

その後、両親からお坊さんとのお見合いを35回も勧められたのです。

しかし、英月さんは自分の人生は自分で決めたいと反発 されたそうです。

何度断ってもお坊さんを紹介されたため、ストレスで一時的に聴力を失うまでになり、とうとう我慢できなくなって、親から逃れるために、2001年に銀行を退社して渡米します。

サンフランシスコで9年もの間、家出生活を送られました。

This is a pen.が分かるからアメリカを選んだというくらいの英会話力でしたが、サンフランシスコでウェイトレスやラジオ番組のパーソナリティ、CMモデルなど、さまざまな職業を掛け持ちする間に、普通に英会話できるようになりました。

そんな時、1年間のビザが切れる問題が生じ、宗教活動家ビザ欲しさに一度帰国して正式に僧侶となったのです。

再び渡米し、5年経ったある日、愛猫を亡くして悲しみに暮れる友達を見てお葬式を行うことを提案し、見よう見まねでお葬式を行うと、友達に「お経で癒された」と告げられます。

さらに、「他にも必要としている人がいるから、写経の会を開いてみたら?」とアドバイスされ、実際に写経の会を開くと、徐々に参加者が増えていきました。

こうして、アメリカで仏教を広めていた英月さんですが、突然、弟が「もう僧侶を辞める」と言い出したそうです。

アメリカでの生活を捨てて帰国することに戸惑いはありましたが、今まで嫌なことを避けてきたことを反省し、実家のお寺を継ぐ決意をして帰国しました。

その後、宗教者ビザを取得しようと一時帰国、そこで住職になるはずだった弟に、お寺を継ぐのが嫌だから、帰ってきて継いでくれと頼まれ、38歳の頃に帰国して住職になりました。

英月さんは結婚が嫌だというよりかは、自分の人生は自分で決めたいという意思が固い印象ですね。

英月さん(僧侶)が「激レアさん」に出演!住職を務める真宗佛光寺派・大行寺の場所は?

英月さんが8代目住職を務める『真宗佛光寺派・大行寺』の詳細情報は、次のとおりです。

寺院 真宗佛光寺派・大行寺(しんしゅうぶっこうじは・だいぎょうじ)

住所 京都市下京区仏光寺通高倉東入西前町380

電話 075-341-7010

大行寺は、1821年(文政4年)建立されました。

「写経の会」「法話会」を開いているので、ご希望の方は大行寺のウェブサイトで日程を確認して参加してください。

まとめ:英月(えいげつ)僧侶が「激レアさん」?35回連続でお見合いを断り続けた?

ここでは、「激レアさん」 に出演した英月(えいげつ)さん(住職)のプロフィール・経歴などをまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事