餃子

2020年5月14日放送(アンコール放送)「ハナタカ」で、家でもできる絶品ギョウザのレシピ(作り方)を、餃子工房 ・RONの古澤さんが紹介しました。ここでは、「ハナタカ」で紹介された、絶品ギョウザの作り方(タネの作り方・包み方や焼き方)についてまとめました。

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?「豚バラ」を足すとジューシーに?

教えてくれるのは、群馬県前橋市 テイクアウト餃子専門店「餃子工房RON」の古澤 篤志さんです。

一般的なギョウザは、豚のひき肉にキャベツなどお好みの野菜や具を入れて混ぜ、皮に包んで焼くだけですが、古澤さんは「これを入れると入れないのでは大違いです。ギョウザが驚くほどジューシーに仕上がります!」と語っていました。

それが、豚バラ肉です。

通常、スーパーで売っている挽き肉は比較的に赤みが多いです。

古澤さんによると、日本では赤いひき肉でないと売れにくいため、脂肪分の少ない赤身率が80%以上とのことです。

そのため、脂の多い「豚バラ」を足すのが美味しさのポイントです。

豚バラ肉の足し方

3mm角程度に切った豚バラをひき肉と混ぜます。

豚バラを入れる割合は20%です。

豚のひき肉250gに対して、おそよ50gの豚バラ肉を混ぜるといいでしょう。

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?ひき肉の下味はしっかりと?

ひき肉にしっかり下味を付けることで美味しくなります。

下味のつけ方

1.肉に粉末調味料(砂糖・中華ダシ・コショウ)を入れてよく練ります。(お好みの調味料をいれてください。)

2.粉末調味料がなじんだら、液体調味料(しょう油・お酒・ニンニク・ショウガ)を入れてよく混ぜます。

3.タネが白っぽく粘りがでるまで混ぜます。ポイントは肉を混ぜ切ってから野菜を入れることです。野菜を後から入れることで、野菜から出る余分な水分が肉に移りません。

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?キャベツを塩抜きする?

ギョウザに入れる野菜と言えば、やはりキャベツですが、キャベツをギョウザの具材として入れるときには、ひと手間加えるとシャキシャキ感が違います。

それは、みじん切りにしたキャベツを塩でもむことです

キャベツから水分を多少出すことで、シャキシャキ感が違います。

キャベツから出た水分は捨てずに、肉と合わせます!

塩もみで水分を抜かないと、ギョウザを焼いているときに水分が出てしまい、キャペツの旨みが逃げてしまいます。

野菜の足し方

1.キャベツから抜いた水分をお肉に加えて混ぜます。

2.みじん切りのキャベツ・ニラ・長ネギを入れて混ぜます。

3.最後に片栗粉・ゴマ油を入れて、軽く混ぜたらタネの完成です。

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!ギョウザの皮の包み方は?

ギョウザの皮の包み方

1.皮の少し上の方にタネをのせます。

2.下の方を3分の1ぐらい折り曲げます。

3.できたカーブを右側から親指と人差し指ではさんで、餃子の皮を付けていきます。

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!餃子の焼き方?

ギョウザの餃子の焼き方

ギョウザは、最初から最後まで強火で焼きます

時間をかけると、せっかく調整した水分が肉や野菜から抜けでてしまうので、短時間で調理した方が美味しいです。

フライパンに、並べたらすぐに差し水(40~50℃のお湯)を入れてください

お湯の入れ方ひとつで、皮がモチモチのギョウザに焼くことができます。

ギョウザに直接水をかけて、皮の周のでんぷん質が洗い流され、ギョウザの皮をなめらかに仕上げることができます。

焼き上がったら最後に、追い油をしてください。

サラダ油をフライパンのふちから適量入れるだけで、ギョウザをパリパリに仕上げることができます。

「ハナタカ」「餃子工房 のRON」の場所は?

今回、ギョウザのハナタカを教えてくれたのは、群馬の前橋市の「餃子工房 RON」です。
餃子工房 RONは、創業49年のテイクアウト餃子専門店です。

店名 餃子工房 RON

住所 群馬県前橋市上大島町2-1

電話番号 0120-363-833

営業時間: 10時00分~19時00分

まとめ:「ハナタカ」ギョウザの作り方(レシピ)!餃子専門店 ・RONが伝授!5月14日

ここでは、「ハナタカ」で紹介された、絶品ギョウザの作り方(タネの作り方・包み方や焼き方)についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事