新潟のHATAGO井仙・ryugonの魅力!井口社長「ガイアの夜明け」出演!

本ページはプロモーションが含まれています

2020年5月5日放送「ガイアの夜明け」では、井口智裕社長が手掛ける、新潟の名宿「HATAGO井仙」「ryugon」が登場します。ここでは、「ガイアの夜明け」に登場する「HATAGO井仙」「ryugon」のおもてなしや今年の苦境への取り組みについてまとめました。

「ガイアの夜明け」井口智裕社長の挑戦!「HATAGO井仙」「ryugon」

2020年5月5日放送「ガイアの夜明け」では、井口智裕社長が手掛ける、新潟の名宿「HATAGO井仙」「RYUGON」が登場します。

新潟の越後湯沢駅前の「HATAGO井仙」と南魚沼の「RYUGON」、ふたつの宿を経営する井口智裕社長。

従業員たちに「みんなの雇用は守る!」と宣言した先に見据えるのは、コロナ収束後です。

客のいない今こそ設備投資し、スタッフの接客スキルアップ、お土産物の整備などを行い、ワンランク上のおもてなしを準備しようとしています。

4代目・井口智裕社長は、日を追うごとに経営が厳しくなる中強化に乗り出していたのは、通販です。

地元の野菜や果物を使った雪国マカロンの販売を打ち出し、「旅行に行けない人が、"自宅でも旅を感じたい"ということが増えてくる」と狙いを話します。

通販で旅情を誘い、コロナ収束後の旅につなげようという作戦です。

ここでは、「ガイアの夜明け」に登場する「HATAGO井仙」「RYUGON」のおもてなしや今年の苦境への取り組みについてまとめました。

「ガイアの夜明け」新潟の越後湯沢駅前の「HATAGO井仙」の魅力とは?

新潟県の玄関口、越後湯沢駅西口目の前にあるHATAGO井仙。

古民家風の風情あるHATAGO井仙の扉を開けると、まず目に飛び込んでくるのは魚沼のおいしいものを厳選してお届けするお土産処〈んまや〉です。

この〈んまや〉の右奥には、喫茶室〈水屋〉が併設されていて、専属のパティシエがつくる、魚沼産コシヒカリの米粉を使用して焼き上げたロールケーキや水出し温泉珈琲などがおすすめです。

水だし温泉珈琲は、越後湯沢神立地区の温泉水を使用して、8時間かけて引き出した自慢の一杯

宿泊部屋はもちろん、廊下もすべて畳敷きで気持ちがいいです。

スリッパを使わずにすむ館内は、素足でほっと寛げるのです。

地下1400メートルから湧出する、湯沢のアルカリ天然温泉水のおいしさが、HATAGO井仙のさまざまな味をつくり出しています。

また、〈HATAGO井仙〉のメインダイニング〈むらんごっつぉ〉でいただく、美味しいディナーの食材の旨みを引き出しています。

HATAGO井仙では、新潟の食文化を伝えていくために雪国ガストロノミーを企画しています。

雪国ガストロノミーとは、魚沼で長く受け継がれてきた食の知恵、地域の知恵を五感で感じることができます。

「ガイアの夜明け」新潟の南魚沼の「ryugon」の魅力とは?

2019年10月に、南魚沼の老舗旅館の温泉御宿 龍言が、ryugonとしてリニューアルオープンしました。

登録有形文化財に指定されている母屋をはじめ、古民家を移築して造られています。

建築家・蘆田暢人が“徹底的な引き算のデザイン”に基づいてリノベーションを行いました。

新潟はいま“ガストロノミー”の拠点として、多くの食通たちが繁く足を運んでいる地です。

ryugonの位置する南魚沼は、都心からの玄関口である越後湯沢駅より車で約30分です。

コシヒカリの発祥の地であると同