筋肉

2020年3月3日放送「ウチのガヤがすみません」に、板橋駿谷さんが出演し、ガヤ芸人と腕相撲対決するそうです。そのプロフィールや経歴とは?ここでは、「ウチのガヤがすみません」 に出演する 板橋駿谷さんのプロフィール・経歴などについてまとめました。

板橋駿谷が「ウチのガヤがすみません」に出演!ガヤ芸人と腕相撲対決?

2020年3月3日放送「ウチのガヤがすみません」に、俳優の板橋駿谷さんが出演します。

朝ドラ俳優!板橋駿谷さんと今話題の青森の天然アイドル王林さん 「ウチのガヤがすみません」 に初登場します。

アインシュタイン稲田さんのプロフィールチェックでは、板橋駿谷がポテンシャルを発揮します。

筋トレが趣味の板橋が、力自慢のガヤ芸人たちと白熱腕相撲対決をするそうです!

空手歴6年の板橋さんの瓦割りの記録に、グラドル清水あいりがセクシー空手で挑みます!

ここでは、「ウチのガヤがすみません」 に出演する 板橋駿谷さんのプロフィール・経歴などんついてまとめました。

板橋駿谷が「ウチのガヤがすみません」に出演!プロフィールは?

本名:板橋駿谷(いたばし しゅんや)

別名義:HELベロス(音楽)、夏葉亭鳥兜(落語)

生年月日:1984年7月1日

出身地:福島県須賀川市

身長:178cm

血液型:A型

職業:俳優・ラッパー

資格:自動車普通免許、中型二輪免許

特技:ラップ、筋トレ、空手、ラグビー、バイク運転、乗馬 、殺陣

劇団:劇団ロロ、演劇集団さんぴん

所属事務所:ジャングル

板橋駿谷さんは、中高は柔道部、大学時代には ラグビー部に所属されていたそうです。

  確かにすごい体形をしていますよね。

ちなみに、スリーサイズは、B101/W85/H95です。

腕相撲も相当強そうですよね!

板橋駿谷さんの出身地は福島県須賀川市で、映画監督の奥田庸介さんとは2歳違いですが、同じ中学、高校出身だと言われています。

日本大学芸術学部演劇学科を専攻し、2008年に卒業しています。

また、大学在学中に劇団掘出物を結成して俳優業をスタートさせます。

板橋駿谷が「ウチのガヤがすみません」に出演! 経歴や出演作は?

板橋駿谷さんは、 日本大学芸術学部演劇学科を卒業されていて、在学中(2004年)に沼袋の小劇場で初舞台に立ち、 その後は同学科所属の仲間達と共に劇団を立ち上げ俳優活動も スタートさせました。  

現在所属する「劇団ロロ」には、 2個下の大学の後輩である三浦直之さんからの お誘いに応じて劇団の旗揚げから参加しています。  

また、2015年3月には同世代の俳優とダンサー4人で 演劇集団「さんぴん」を旗揚げしました。  

その後は映画に数多く出演しています。

特に奥田庸介監督、入江悠監督の作品に出演したことで 大きく注目を集めるようになりました。  

板橋駿谷さんは、学校の先輩にあたる奥田庸介さん監督・主演映画の「クズとブスとゲス」に出演されていますが、二人とも中学・高校と柔道部に所属していて、がっちりとして体格が良いスポーツマンと言う印象も頷けますね!

板橋駿谷さんは「青春墓場」「東京プレイボーイクラブ」など、奥田庸介監督の作品にも出演していますが、その時に奥田庸介監督が板橋駿谷さんに対して「器用に何でもやれるやつなんて俺は興味ないです。」「できることを一生懸命やっている奴と一緒に映画を作りたい。」と語ったと言います。

板橋駿谷さんは、その熱い言葉を聞き、全力で体を鍛え始めて今のような筋肉マッチョの肉体になったと言います。

板橋駿谷さんの経歴として、主な出演作品は、2016年TBSドラマ「闇金ウシジマくんSeason3」や、2016年舞台「光の光の光の愛の光の」「さんぴん国道4号線」に出演したり、映画で2017年1月公開「くも漫。」など多くの作品に起用されています。

また、朝ドラ「なつぞら」の出演には かねてから板橋さんの出演作品を見て注目していた 演出家の田中正さんからのオファーによって繋がったようです。  

34歳の年齢で高校生役を演じたことで大きな話題を呼びました。

また、ラッパーとしてはラップユニット「HELクライム」で音楽活動も行うなども行っています。

また、以前は、人と話すのも苦手だったようで、それを克服するためにゲイバーで勤めたり、舞台役者による落語一門「夏葉亭」に所属し「夏葉亭鳥兜」として活躍しています。

まとめ:板橋駿谷が「ウチのガヤがすみません」で腕相撲対決?経歴や出演作は?

ここでは、「ウチのガヤがすみません」 に出演する 板橋駿谷さんのプロフィール・経歴などについてまとめました。

板橋駿谷さんの益々の活躍に期待します!

おすすめの記事