キーマカレー
カレー

2020年5月27日放送の「スッキリ」のスッキリtouchで、大阪「虹の仏」伊東亮哉シェフの秘伝のだしキーマカレーのレシピで、森圭介アナが調理しました。ここでは、「スッキリ」でスパイスカレーの「虹の仏」伊東亮哉シェフが伝授した、おうちでつくるだしキーマカレーの秘伝のレシピについてまとめました。

「虹の仏」伊東亮哉シェフのだしキーマカレーのレシピ!

材料

ニンニク

ショウガ

プラックペッパー 適量

合いびき肉

トマト 1個

タマネギ

カレー粉

ガラムマサラ

出汁

昆布 10g

厚切りカツオ節 30g

大判煮干し 15g

水 300ml

作り方

1.だし素材の下処理をします。煮干しの頭をとります。背中から半分に開いて、内臓(はらわた)をとります。(雑味がでないようにします。)

2.水300mlを鍋に入れて、沸騰させだし素材を入れます。火を止めて、余熱でしっかりだしをとります。

3.タマネギを3mm角の粗みじん切りにして、トマトは1cm角にカットします。

4.鍋に油大さじ4を入れます。

5.鍋にブラックペッパーを入れて熱を入れていきます。

6.5の鍋に、3のタマネギとトマトを入れていきます。(タマネギの香りと甘みを油で揚げることにより引き出します。)

7.トマトを中火(140~150℃)でしっかりと火を通します。酸味が飛んでトマト本来の旨さが引き出されます。

8.7にカレー粉小さじ5~6とがムラマサラ小さじ1を入れます。弱火で香りがたちのぼるまで炒めます。

9.合いびき肉500gを8の鍋に入れて炒めます。

10.2の濃厚なだしを、9の鍋にひき肉が浸る程度少しずつ入れていきます。

11.塩を小さじ1加えます。(塩で肉の旨みを凝縮させます。)

12.さらにだしを加えて熱を入れます。(だしの量は、計300mlです。)

13.ニンニク大さじ1とショウガ小さじ1を最後に加えて完成です!(風味とコクをだすために最後に入れます。)

「スッキリ」伊東亮哉シェフのプロフィールは?

店主の伊東亮哉さんは、和食やイタリアン、フレンチなどを経験して腕を磨いてきた料理人です。

カレーと仏像が大好きだそうです。

リランカで食べたカレーの美味しさに衝撃を受け、2012年に『虹の仏』をオープン、カレーを提供しはじめたそうです。

趣味はカレーの食べ歩きで、ランチだけで3軒巡ることもあるというカレー好きです。

夜の営業では全ての皿にカレーを取り入れた「夜のカレーコース」を始めるなど他にはないカレーを追求し、大阪の人気店として注目を集めるまでになりました。

「スッキリ」「虹の仏」の場所や営業時間は?

住所:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-23

アクセス:地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘駅4番出口より徒歩2分
     四天王寺前夕陽ケ丘駅から241m

営業時間:[火、水] 11:30~14:00 18:00~21:00(ラストオーダー)
     [金、土] 11:30~14:00 18:30~22:00(ラストオーダー)
     [月、日、祝] 11:30~14:00
いずれも売り切れ次第終了

日曜営業

定休日:木曜日

まとめ:「スッキリ」だしキーマカレーのレシピ!「虹の仏」伊東亮哉シェフが伝授!

ここでは、「スッキリ」で伊東亮哉シェフが伝授した、おうちでつくるキーマカレーのレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事