きくらげの肉巻き

2020年3月12日放送「主治医が見つかる診療所」で、ビタミンDを取り入れる最強食材「キクラゲ」が紹介されます。ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介された、キクラゲを使った「きくらげの肉巻き 」のレシピ(作り方)を紹介します。

「主治医が見つかる診療所」きくらげの肉巻きのレシピ(作り方)!

材料

薄切りの豚肉

きくらげ

豆苗

チーズ

タレ(醤油、酒、みりん、砂糖、ショウガ)

作り方

1.薄切りの豚肉を広げ、薄力粉をまぶします。

2.きくらげ、豆苗、チーズの順にのせて巻きます。

3.フライパンで、両面に焦げ目が付くまで焼き、タレを絡めたら、完成です。

骨の材料のカルシウムは、チーズで摂れ、カルシウムを骨まで運ぶビタミンDは、きくらげで摂れ、骨を作るビタミンKは、豆苗で摂れ、骨密度が上がる硬い骨が出来ます。

また、豚肉のコラーゲンで、柔軟性を持った骨が出来ます。

「主治医が見つかる診療所」きくらげの超簡単おつまみレシピ

耐熱容器に、千切りしたきくらげ、ごま油、中華だしの素、醤油、白ごまを入れて、軽くラップし、約1分間加熱するだけ。

やみつききくらげの完成です。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」きくらげの肉巻きのレシピ(作り方)!

ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介された、キクラゲを使った「きくらげの肉巻き 」のレシピ(作り方)を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事