ケール

2020年3月15日放送「BACKSTAGEバックステージ」に、ALL FARMの古森啓介さんが出演します。ここでは、バックステージに出演するALL FARMの 古森啓介さんの農業やレストランや最近注目しているケールなどをまとめました。

「バックステージ」ALL FARMの古森啓介の農業とレストラン!

2020年3月15日放送「BACKSTAGEバックステージ」に、ALL FARMの古森啓介さんが出演します。

誰でもデスクを借りて働くことができる「コワーキングスペース」。

近年、都市部を中心に急増しており、東京だけで現在300か所以上。様々な新ビジネスが生まれているといいます。

今回は、東京・渋谷にある最先端コワーキングスペース「We Work」に潜入します!

そこで、「農業」や「幼稚園」にチャンスを見出した2人の起業家に迫ります。

苦味の強いイメージがあるケールが驚くほど甘い!

野菜を自然のままに育てる“農業”と感動を届ける“レストラン”!夢は年商100億円の起業家 !

ここでは、バックステージに出演するALL FARMの 古森啓介さんの農業やレストランや最近注目しているケールなどをまとめました。

「バックステージ」ALL FARMの古森啓介のプロフィールとは?

名前:古森啓介ふるもりけいすけ)

生年月日:1987年6月

年齢:32歳(2020.03現在)

出身:大阪府

高校:不明

職業:ALL FARM社長

「バックステージ」ALL FARMの古森啓介の経歴は?

ALL FARMは高校と大学が一緒の古森啓介さんと寺尾卓也さんが共同で立ち上げました。

ALL FARMは無農薬・無化学肥料・固定種・露地栽培にこだわった自社農場を運営しています。

2人は学生時代、「いつか一緒に食に関連する仕事をしよう」と話していました。

その思いを実現するため、古森さんが和食店、寺尾さんが農場で修行を積んだうえで、まず2013年に佐倉市に農場を開き、翌年、代々木上原にレストランの1号店をオープンしました。

農場は今や6ヘクタールと有機栽培では大規模と言える大きさになり、栽培している野菜の種類は150を超す。店舗も都内6カ所に増えたたそうです。

そして農場で取れた野菜だけを使った飲食店「WE ARE THE FARM」も開業していおり、現在6店舗があります。

WE ARE THE FARMはオーガニック野菜を主役にしたレストランで注目です。

「バックステージ」ALL FARMの古森啓介の注目の農作物はケール!

ガラス張りの会議室で役員会議をしている今どきの若者たち。彼らの仕事は「農業」ですが、ある農作物に力を入れているといいます。

それは「ケール」。

千葉県佐倉市の畑で栽培しています。

“青汁に使われている苦い野菜”のイメージが強いですが、試行錯誤と改良を重ねて甘さを実現。実際にMC・武井壮とゲストの朝日奈央が試食すると・・・?

5年前に起業し、現在社員は40名ほどです。

ケール以外にも年間約200種類の野菜を農薬や化学肥料を使わずに育て、「野菜で感動してもらいたい」と東京の一等地に野菜を主食にした自社レストランを6店舗オープンしています。

5年もの間に農業で社員は40名になり、ケール以外にも年間約200種類の野菜を農薬や化学肥料を使わずに育ているそうです。

まとめ:ALL FARMの古森啓介のケールで農業革命!「バックステージ」!

ここでは、バックステージに出演するALL FARMの 古森啓介さんの農業やレストランや最近注目しているケールなどをまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事