マスク

新型コロナウイルスが猛威をふるいマスク不足が続いています。この状況で、皆さんはマスクの正しいつけ方やインナーマスクの作り方(環境省推奨)をご存知でしょうか。ここでは、メディアでも放送されたマスクの正しいつけ方やインナーマスクの作り方(環境省推奨)を紹介します。

マスク不足で混乱?セルフ防御とは?

ウイルスのブロック

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足が深刻化しています。

メーカー各社は、生産ラインを24時間フル稼働させるなどして増産に力を入れています。

ただ、医療現場向けに加え、薬局などが扱う一般消費者向けのマスク製造にも追われており、需要に供給が追いつかない状況が暫く続くことが予測されます。

このような状況の中、どのように自分や家族の体を防御すればいいでしょうか。

また、マスクがあっても、正しいつけ方を知らないために効果が半減しているケースもあります。

ここでは、マスクの正しいつけ方と環境省推奨のインナーマスクの作り方を紹介します!

正しいマスクの付け方とは?紐が外側?

2020年2月6日放送の「ヒルナンデス」にて、 関ジャニの横山裕さん&ジャニーズWESTの重岡大毅さん&羽野晶紀さんが新宿コクーンタワーに潜入しました。

新宿コクーンタワー の首都医校・高度専門士看護科で、正しいマスクの付け方が伝授されました。

ポイント

通常、耳紐を内側にしてマスクをする人が多いですよね?

実は!耳紐がついているほうを外側にして、マスクをつけるのが正解!だそうです。

何故なら、顔によりフィットしやすいからです。マスクは可能な限り、顔に密着させてつけるのが大切です。

また、マスクの表面のヒダが上向きになっているとそこに菌とかウイルスがたまりやすいので、ヒダが下向きになるようにします。

(マスクごと、メーカーから推薦のマスクのつけ方の指定があれば、その方法に従ってください。)

インナーマスクの作り方は?環境省推奨?

2020年2月5日「ソクラテスのため息」 では、池袋大谷クリニック院長で、呼吸器専門の大谷義夫先生から、市販のマスクの機能をあげるためのインナーマスクの作り方が教示されました。

市販のマスクに化粧用のコットンを付けると、花粉を99%カットできます!

”インナーマスク”とは、市販のマスクの内側に装てんする、ガーゼとコットンで作られたものです。

インナーマスクをすると市販のどんなタイプのマスクでも99%以上の花粉除去率を示します。(環境省「花粉症環境保健マニュアル2014」)

環境省も推奨しているマスクの作り方は、以下の通りです。

1.市販の使い捨てマスク・ガーゼ・化粧用コットンを用意します。

2.ハサミでガーゼを切り、縦横10センチの正方形のガーゼを2枚用意します。

3.コットンを丸めガーゼで包みます。

4.もう一枚のガーゼを四つ折りにして、マスクの上に置きます。

5.3のコットンをガーゼで包んだものを、四つ折りにしたマスクの上に置いて完成です。

着用の仕方は、丸めたコットンを鼻の下に当てて装着の中心がズレないように注意します。.

まとめ:マスクの正しいつけ方は?インナーマスクの作り方(環境省推奨)は?

ウイルス

新型コロナウイルスが猛威をふるいマスク不足が続いている中、なんとかご自身やご家族の体をセルフ防御したいですよね。

ここでは、メディアでも放送されたマスクの正しいつけ方やインナーマスクの作り方(環境省推奨)を紹介します。

是非皆さんも正しいマスクの使い方を実践し、インナーマスクを作ってみてください!

おすすめの記事