ミュンヘンクリスマス市2022の出店やグルメは?場所やアクセスや駐車場は?
ミュンヘンクリスマス市

札幌のミュンヘンクリスマス市2022が開催されていますが、期間・時間や場所、出店の特徴や魅力、クリスマスグルメ内容、駐車場等気になりますよね。ここでは、ミュンヘンクリスマス市2022の開催期間・時間や場所、出店の特徴や魅力、ホットワインやアーモンド等クリスマスグルメの内容、アクセスや駐車場等紹介します。

ミュンヘンクリスマス市2022の開催期間・時間や場所は?

ミュンヘンクリスマス市2022の開催期間・時間や場所は、以下の通りです。

ミュンヘンクリスマス市2022の開催期間・時間や場所

開催期間:2022年11月22日火曜日~2022年12月25日日曜日 計34日間

開催時間:11:00~21:00 飲食のラストオーダーは20:45

開催場所:大通西2丁目

     住所 北海道札幌市中央区大通西2丁目

開催の内容は、新型コロナウイルスの感染状況により変更されることがあります。

こちらでご確認ください。

ミュンヘンクリスマス市2022の出店の特徴や魅力は?

ミュンヘンクリスマス市では、札幌の大通公園にマグカップなどの可愛い雑貨やドイツ料理、本場のワインなどが楽しめます。

マグカップのデザインは毎年変わり、クリスマス感満載のマグカップを購入することができます。

札幌のミュンヘンクリスマスは、本場ドイツの雑貨や食べ物が販売されるところが魅力。

海外直輸入でぬいぐるみやおしゃれなインテリア雑貨(950円)がそろえられたお店や、40年以上の歴史を持つドイツのキャンドルホルダー(2000円)も販売されます。

「ケラミック・ハンドアルバイト」では、リトアニア製の18世紀、19世紀のスタイルの手作りキャンドルハウスが取り扱われ、多くのキャンドルハウスを眺めることができます。

もちろん、気に入るものが見つかればご購入も。

アロマやキャンドルハウスの値段は4300円ほど。

「レイラ&ぽるく」では、本場ザルツブルグのスパイスオーナメントやクリスマスグッズが販売されます。

ここのクリスマスグッズは基本的に天然素材を使用していて、SDGsを意識したものとなっています。

日本ではあまり見かけない切り株のキャンドルも販売されるので、キャンドルに興味がある人はお店に寄ってみるといいと思います!

そして、一風変わったサンタさんも。

「ファンキーサンタの家」では、ファンキーなヘア、つまりアフロやリーゼントの髪形をしたサンタの、ドイツ製の工芸品を手に入れられます。

カラフルなサンタもいて、とてもおもしろいお店です!

そして、上質なドイツのワインを試飲して選ぶことができるのが「ワインハウス ゲアハルト」。

本場の美味しいお酒ということもあって、値段は7000円ですが、寒い冬にワインで疲れを癒すのもたまにはいいと思います。

ここでご紹介したように、ミュンヘンクリスマス市は本場ドイツの雑貨やワインを購入できる機会です。

行くだけでもクリスマスの雰囲気を感じられます。

ご紹介したお店以外にもおもしろい雑貨を売っていたり、クリスマスカードが販売されたりしているので、ぜひいろいろなお店に立ち寄ってみてください。

出店だけでなく、屋内と屋外のステージでイベントもあり、ドイツ民謡やゴスペルが聞けたりします。

ワークショップなども行われているので、とても素敵な時間が過ごせると思います!

札幌の12月の夜は、大変冷え込みます。

手袋、足元の滑りづらい靴、そして防寒対策をしっかりしてお出かけくださいね♪

ミュンヘンクリスマス市2022のクリスマスグルメの内容は?

ミュンヘンクリスマス市のグルメといえば、ソーセージですよね。

ドイツを彷彿とさせるウィンナーの盛り合わせやレッグなどの温かいメニューがそろい、日本のお店では味わえない料理を食べることができます。

「サン・セバスティアン スイーツ・カフェ」では、ベーコンサンドやハニーマスタードチーズバーガー、骨付きフランクなど、寒い季節にはよりいっそう美味しく感じるメニューがそろっています。

それだけでなく、ここではグリューワインやココア、スイーツも楽しめるので、クリスマスグルメを堪能できます!

ソーセージやフランク以外に、ドイツの家庭料理「アイスバイン」を購入できるお店も。

ドイツの郷土料理を楽しめるお店では、ビールやグリューワインも一緒にクリスマスらしいメニューを自慢としています。

「ジャーマンクリスマスカフェ」ではドイツ人シェフのマーカスさんが監修する本場の味がそろっていて、フランクフルトから直輸入されたホットアップルワインはここでしか味わえません。

最近は寒くなってきたので、ヨーロッパでは定番のカクテルや甘いホットワインなどもおすすめ。お子さまにはホットココアがおすすめです!

そして、今年のミュンヘンクリスマス市で外せないのが、「ハンセンのアーモンド工房~ドイツsince1930」

リピーター続出のお店で有名なんですよ。

ここでは、シナモン、ココア、バニラ、チェリーの4つのフレーバーローストアーモンドが食べられるんです。

買ってその場で食べるのもいいですが、お土産として贈ればとても喜ばれるものなので、家族や恋人、友達にプレゼントするのもいいと思います。

ミュンヘンクリスマス市2022のアクセスは?

アクセス

会場である大通公園2丁目までは、地下鉄大通駅から徒歩で約1分です。直結ということと、期間中はたくさんの人がいると思うので迷うことはありません。

これが1番簡単な行き方なのですが、他の行き方も一応あります。

・地下鉄すすきの駅から徒歩で約15分

・JR札幌駅から徒歩で約15分

時間に余裕がある人で観光したい人は、札幌駅からゆっくり歩くのも楽しいと思います。

地下鉄の出口は多くあり、間違えやすいので調べながら行ったり、駅員さんに聞くことをおすすめします。

ミュンヘンクリスマス市2022の駐車場は?

周辺の駐車場としては、札幌大通地下駐車場がありますが、土日は満車になる可能性が高いです。

こちらの駐車場は、さっぽろ地下街で1店舗での利用が2000円以上になると、1時間無料になります。

できるだけ車で行きたい!どうしても車で行く必要がある!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

まとめ:ミュンヘンクリスマス市2022の出店やグルメは?場所やアクセスや駐車場は? 

ここでは、ミュンヘンクリスマス市2022の開催期間・時間や場所、出店の特徴や魅力、ホットワインやアーモンド等クリスマスグルメの内容、アクセスや駐車場等紹介しました。

ホワイトイルミネーションの煌めきと共に、ミュンヘンクリスマス市をお楽しみください!

関連キーワード
おすすめの記事